掲載記事(4)

上根綾香(徒然チルドレン) 5・剛田にお弁当を作った上根綾香(平成29年11月23日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんの第五弾です。

『若林稔弥『徒然チルドレン』、剛田にお弁当を作った上根綾香(平成29年11月23日)』の画像

今回は、隣の席の想い人・剛田にお弁当を作った上根綾香ちゃんちゃんを描きました。

この絵を描いた平成29年11月23日は新嘗祭だったため、「ご飯」をテーマに絵を描こうと思ってこの題材を撰びました。

  • 実はこの題材は前日11月22日の「いい夫婦の日」で描こうと思ったのですが、時間がなかったため新嘗祭に合わせて描きました。

今回は、制服のセーラー服の上にエプロンを着せて調理させました。

  • ちょっとこちらから見て左の束ねた髪の毛が調理には邪魔だと思いますが、これをなくすとただでさえ似ていない上根綾香ちゃんがより一層判別出来なくなるため、已む無く残しました。

また、自宅の台所での調理のため本来ならコンタクトレンズを外して眼鏡にすべきなのですが、原作ではコンタクトレンズを外して眼鏡になった上根綾香ちゃんは一度も登場していないため、この絵ではコンタクトレンズを装着させております。


十一月末の雨上がりの休日の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年11月23日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『十一月末の雨上がりの休日の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年11月23日)』の画像

今日は折角の休日でしたが、午前中雨だったため外出しない事としました。

しかし、お昼になって一転して快晴になり、少し暖かくなったのですが結局外には出られませんでした。

今回はそんな十一月末の休日の午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

堀北真希うさぎは、朝用事で出掛けておりましたが、その時は雨が降っていたため傘が必要でした。

しかし、用事が終わって帰途に着いたときにはすっかり雨も已み、傘はお荷物になってしまったようです。

一方、紀子ちゃんは天気が良くなってこれから出掛けるところのようです。

紀子ちゃんも寒くなったのでセーラーの上にコートを着込んでおります。


今回の再掲載は平成27年10月10日の"目の日"に描いた堀北真希うさぎと紀子ちゃんの落書きイラスト眼科医院の待合室での堀北真希うさぎと紀子ちゃんです。

堀北真希うさぎと紀子ちゃんは向かいに住んでいるため、掛かり付けの医院も同じになります。

堀北真希うさぎも紀子ちゃんもコンタクトレンズの定期検診に来たところです。

平成27年10月10日は土曜日だったので、堀北真希うさぎと紀子ちゃんは偶々この日に検診を受けに来ました。

堀北真希うさぎが受付を済ませて待合室に来たところ、先に紀子ちゃんが待っておりました。

尚、堀北真希うさぎと紀子ちゃんは、いずれもモデルに合わせて使い捨てでないソフトコンタクトレンズを使っている設定です。

ツインテールにしてみた花菜ちゃん(水沢花菜) (平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『トゥィンテールにしてみた花菜ちゃん(水沢花菜) (平成29年11月23日)』の画像

平成29年11月22日は「いいツインテールの日」だったそうです。

このため、昨日トゥィッター及びピクシヴ向けにトゥィンテールの女の子を描こうと思ったのですが、持ちキャラクタにトゥィンテールの女の子がおりませんでした。

そこで、普段長髪を後ろで二つに束ねている花菜ちゃん(水沢花菜)をトゥィンテールにしてみました。

花菜ちゃんの髪は太ももに届く程長いので、髪を束ねる位置をいつもより上にしたと言う訳です。

ただ束ねただけでは寂しいので、制服に合わせた橙色の髪飾りを着けております。

更に両手をブラブラさせているのも不自然なので、お約束のコンタクトレンズ目いじりをさせました。


今回の再掲載は、平成28年12月に描いた花菜ちゃん(水沢花菜)のイラストクリスマス前の十二月の午後の花菜ちゃんです。

『夏祭りの夜の堀北真希うさぎと花菜ちゃん(水沢花菜) (平成29年 8月28日)』の記事

そろそろクリスマスなので、今回はこの絵を撰びました。

花菜ちゃんはいわゆるミッション系の私立小学校に通っていると言う設定です。

クリスマスは今や公立学校でも当たり前に行われておりますが、重要な行事のためか玄関には大きなクリスマスツリーが飾られます。

そんな中、放課後に同級生と別れる花菜ちゃんを描いております。

寒くなった十一月末の大学での堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『寒くなった十一月末の大学での堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年11月22日)』の画像

十一月も終盤になり、さいたまでも益々寒くなっております。

今回はそんな十一月末の午後の大学の講義室での堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは、この時同じ講義を受講しておりました。

何度も申し上げている通り、堀北真希うさぎがうさ耳が目立ち過ぎるため、講義室では一番後ろに座っております。

堀北真希うさぎはコンタクトレンズがないと何も見えない程目が悪いのですが、聴力はうさ耳のお蔭で非常に良く講義を聞き漏らさないため、後ろでも問題ない訳です。

史子ちゃんもコンタクトレンズで視力矯正しておりますが、講義室が広いため後ろからだと見難く、このため前の方に座っておりました。

  • 高校までの教室ならコンタクトレンズや眼鏡で矯正すれば一番後ろからでも板書が見えるようになると思われますが、大学の講義室には非常に広い部屋もあり、その場合は余程目が良くないと板書が見えないでしょう。

講義が終わって、史子ちゃんは一番後ろまでやって来ました。

堀北真希うさぎは、文具などを片付けてコートをセーターの上に着込んでおります。

窓の外には既に大半の葉が散ったもののまだ僅かに波が残っているさくらの樹の枝が見えます。

堀北真希うさぎは両手が塞がっておりますが、お約束通り史子ちゃんは目をいじっております。

  • 実を言うと、史子ちゃんのモデルの大学時代の同期はコンタクトで目が乾くためパチパチまばたきしていましたが、目を弄る癖はありませんでした。

今回の再掲載は、平成28年 7月に描いた堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)の並行世界堀北真希うさぎと夏休みにアルバイトをしている史子ちゃんです。

余りにも寒くなったので、正反対の季節が懐かしくなってこの絵を撰びました。

この絵は堀北真希うさぎと史子ちゃんの並行世界という設定で描いておりますが、堀北真希うさぎと史子ちゃんの高校時代と言うようにも取れるでしょう。

史子ちゃんのモデルもそうでしたが、史子ちゃんは休みのたびにアルバイトに明け暮れております。

この並行世界でも例外でなく、史子ちゃんはやはりアルバイトに明け暮れております。

堀北真希うさぎが学校から帰って寄った店で史子ちゃんが働いていると言う場面です。

  • 堀北真希うさぎと史子ちゃんは同級生ですが、夏休みなので堀北真希うさぎは用があって学校に来ているものの、史子ちゃんは学校に行く必要がないと言う状況となっております。

堀北真希うさぎと史子ちゃんに着せている高校の制服は、堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~で着せている服をそのまま転用したものです。

但し、この仮想コマーシャルでは女子大の講義室(を模したスタジオのセット)を舞台としており、堀北真希うさぎや史子ちゃんなどはそこで受講している女子大生の役となっております。

この動画は、に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『講義室でのコンタクトレンズ女子大生たち~ソフトでも、ハードでも♪~』を真似たものです。

  • 原作コマーシャルの映像はネットでは共有されていないようなので、あやふやな記憶を元に真似しているため、実際のそれとは大きく異なっている箇所もあり得ます。

ストーリーとしては講義中コンタクトレンズで目が乾く女子大生たちが一斉にマイティアCLを点眼するという内容です。

舞台が真っ白で殺風景だった事に加えて、女子大生たちがみんな白っぽい服を着ていた記憶があるため、このような学校制服のような服を着せました。

  • ただ、当時は女子大生でも蝶ネクタイとかを着けている娘も結構いたような気がします。

は、メインとなるソフトコンタクトレンズ女子大生を演じております

  • 当時ソフトレンズ対応の目薬がなかったため、ソフトレンズ愛用者に向けて原作コマーシャルを作成したものと思われます。

上根綾香(徒然チルドレン) 4・第16話『コンタクト』後の上根綾香(平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』ヒロイン・上根綾香ちゃんの第四弾です。

『若林稔弥『徒然チルドレン』、『コンタクト』の後の上根綾香(平成29年11月22日)』の画像

第十六話『コンタクト』で上根綾香ちゃんは隣の席の同級生・剛田に告白したものの、それ以降却ってお互いに意識し過ぎるようになってしまって気まずい状況になっている上根綾香ちゃんの授業中の一場面を描いてみました。

  • 画面左の黒い肩が、上根綾香ちゃんの隣の席に座る想い人・剛田です。

徒然チルドレン』をお読みの方はご存知かと思いますが、上根綾香ちゃんと隣の席の剛田はお互いに意識し過ぎており、第十六話『コンタクト』冒頭で上根綾香ちゃんは剛田を避ける素振りさえ見せておりました。

しかし、上根綾香ちゃんは郷田の事が好きで、ずっと告白する機会を伺っておりました。

第十六話『コンタクト』では、ある日の放課後に上根綾香ちゃんが予め片方の目から外しておいたコンタクトレンズを恋に…もとい故意に床に落としました。

その上で、剛田に「コンタクトレンズを落としちゃったから一緒に探してほしいの」と頼み込んだのです。

二人きりで床に座り込んだ状況で、上根綾香ちゃんは郷田に告白する事が出来ました。

ですが、上根綾香ちゃんも剛田も却って意識し合うようになってしまい、続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』では更に互いに気まずい状況になってしまいました。


上根綾香(徒然チルドレン) 3・授業中隣席の上根綾香(平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『若林稔弥『徒然チルドレン』授業中の上根綾香(平成29年11月22日)』の画像

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、若林稔弥作『徒然チルドレン』の登場人物・上根綾香ちゃんの第三弾です。

原作からは逸脱しておりますが、この絵の上根綾香ちゃんは教室で隣の席に話しかけているところです。

私が高校生の頃は、隣の女の子は授業中でさえ気軽に私に話しかけてくれたものです。

ですが実際の『徒然チルドレン』では、第十六話『コンタクト』まで隣の剛田とはお互いに意識しあっており、上根綾香ちゃんは剛田を避ける素振りさえ見せておりました。

結局、上根綾香ちゃんはある日の放課後に予め外しておいたコンタクトレンズを恋に…もとい故意に床に落として(単行本第一巻のおまけ漫画参照)、剛田に「コンタクトレンズを落としたから一緒に探してほしい」と頼み込み、その際に剛田に告白したのです。

ですが、この結果更にお互いに意識し合うようになってしまい、続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』では更に互いに気まずい状況になってしまいました。


十一月の銀杏並木での堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年11月21日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『十一月の銀杏並木での堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年11月21日)』の画像

今日のさいたまは好天でしたが、かなり寒くなっておりなかなか外出する気になりませんでした。

今回はそんな寒い十一月下旬の午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

堀北真希うさぎはいつものように大学からの帰りに学校帰りの紀子ちゃんとこの銀杏並木が並ぶ通りで出逢いました。

紀子ちゃんは美術部活動を終えての帰宅のため、脇にスケッチブックを抱えて帰宅しております。

  • 堀北真希うさぎには実妹・うさ耳中学生がいますが、妹は帰宅部のためかなり早く家に着き、このため堀北真希うさぎが下校中の妹に逢う事は余り多くありません。

堀北真希うさぎも余りの寒さにコートを着込んでおりますが、紀子ちゃんも制服の上に黒いコートを着込んでおります。

紀子ちゃんは部活で遅くなってコンタクトレンズ装着時間が長くなり過ぎたのか、目が赤くなっているようです。


紀子ちゃんは、私の小学生時代から高校卒業まで同級生だった幼馴染がモデルのため、堀北真希うさぎ同様思い入れがあるキャラクタです。

とは言え、堀北真希うさぎは大学生、紀子ちゃんは中学生としているため、かなり強引に二人を逢わせるようにしないと絵が描き難いものです。

  • 堀北真希うさぎが大学生となっているのは、平成19年に設定した当時堀北真希ちゃんが十九歳だった事に拠ります。
  • 紀子ちゃんは、モデルがコンタクトレンズデビューした高校入学時すなわち中学卒業直後をモデルにしております。

本当は今回は別の背景にするつもりでしたが、結局銀杏並木通りに変えてしまいました。

また、今回はペン入れもペンタブレットで行いましたが、まだまだ巧くいかないので結局マウスでペン入れをやり直しました。


こちらは平成29年 3月に描いた堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)の落書きイラストです。

『さくらの花が咲く三月末の午後、眼鏡屋で買い物していた堀北真希うさぎとこれから買い物する紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年版)』の記事

こちらは、さくらが咲いている三月末の春休みの午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃんの絵です。

急に寒くなったため、春が待ち遠しくなりこの絵を撰びました。

堀北真希うさぎが買い物を終えて眼鏡屋から出てきたところ、紀子ちゃんが今度はその店に買い物に来たところです。

紀子ちゃんは定期検診でコンタクトレンズの度数が変わったため新しいコンタクトを買いに来たところです。

  • 紀子ちゃんと堀北真希うさぎは使い捨てでないソフトレンズを愛用している設定です。

この頃は今程ではないにしても肌寒かったため、堀北真希うさぎと紀子ちゃんにはブラウスの上にセーターを着せております。

寒くなった十一月下旬の朝の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年11月20日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『寒くなった十一月下旬の朝の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年11月20日)』の画像

今日は天気も悪かったのですが、加えて急に寒くなりました。

今回はそんな寒い十一月末の朝の堀北真希うさぎうさ耳中学生姉妹です。

妹・うさ耳中学生は洗面所でコンタクトレンズを入れて身支度した後、制服の上に今秋初めて着るコートを着込んでおります。

お姉ちゃん・堀北真希うさぎは身支度は自室で行いましたが、妹が身支度を終えた後に髪をちょっと整えるつもりです。

もちろん、お姉ちゃん・堀北真希うさぎもセーターの上にコートを着込んでおります。


実際のところ、今朝はコートを着込んでいない娘も結構おりました。

もっとも、制服の下にセーターを着込んではいたと思いますが。


今回の再掲載は、平成29年 4月に描いた堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹の落書きイラスト新学年一日目を終えて帰宅した堀北真希うさぎと先に帰宅していたうさ耳中学生です。

妹は始業式だけだったので、堀北真希うさぎが家に着いたときには既に帰宅しておりました。

妹は制服を着たままおやつを食べており、またコンタクトレンズを入れたままとなっております。

で、お姉ちゃんは「すぐ着替えなさい、あとコンタクトレンズも外した方がいいわよ」となります。

  • 絵に描く事はありませんが、一応堀北真希うさぎもうさ耳中学生も、家では眼鏡を掛けている設定になっております。

うさ耳中学生は堀北真希うさぎより六歳歳下の妹ですが、初登場は平成13年で堀北真希うさぎより六年早く登場しております。

堀北真希うさぎを設定するまで余りいろいろな事は設定しておりませんでしたが、堀北真希うさぎをお姉ちゃんとして設定した際にお姉ちゃんとは対称的なキャラクタに設定しました。

例えば、お姉ちゃん・堀北真希うさぎは国立女子大に通うのに対し、妹・うさ耳中学生は勉強が出来ない…等と言う感じでした。

このため、うさ耳中学生は目が悪くてコンタクトレンズレンズを常用しているお姉ちゃんと違って目が悪くないと言う設定にしておりました。

  • これは、堀北真希うさぎに「妹は勉強しないから目が悪くなる訳がない」と言わしめると言う設定になっておりました。

しかし、平成28年 8月にうさ耳中学生を久し振りに描いた際、誤って目にソフトコンタクトレンズを描込んでしまい、以来妹も目が悪いと言う設定に変えております。

上根綾香(徒然チルドレン) 2・茶道部での上根綾香(平成29年11月19日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんの第二弾です。

『若林稔弥作『徒然チルドレン』上根綾香 2・茶道部での上根綾香(平成29年11月19日)』の画像

上根綾香ちゃんは茶道部と言う設定のため、今回は部活で茶道をやっているところを描きました。

実はこのイラストは随分前に描いていたのですが、個人的に何度直しても満足出来なかったため、一から描き直しました。

  • 蛇足ですが、背後の掛け軸に書いてある深刻な壁不足とは『徒然チルドレン』を象徴する言葉だそうです。

ところで、茶道には表千家と裏千家と言う二大流派があるようですが、上根綾香ちゃんはどちらの流派なのでしょうか?

  • 中高生時代、茶道をやっている女の子が結構いたのですが、どちらなのかを訊いた事がなかったりします^^;

尚、前回は眼鏡差分を作りましたが、そもそも上根綾香ちゃんは普段コンタクトレンズを常用しており眼鏡を掛けて登場した事がないため、眼鏡差分は作っておりません。

ただ、私の学生時代には茶道をやっている女の子で普段から眼鏡を掛けている娘は見た事がありませんでした。

高校時代の茶道部長の娘は目が悪いのですが授業中だけ眼鏡を掛けており普段は裸眼でした(コンタクトレンズも使っていなかった)。

確かに晴れ着の場合には眼鏡と言う訳にも行きませんが、普段は制服で茶道をするのですから眼鏡でも問題はないと思われますが…。


十一月のすすき野原の堀北真希うさぎ(平成29年11月19日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『十一月のすすき野原の堀北真希うさぎ(平成29年11月19日)』の画像

今日は折角の好天だったのですが、風が冷たかったので外出は諦めました。

市街地では余り見かけませんが、郊外にはすすき野原があちこちにあります。

今年平成29年は十月末の台風二連発のせいかコスモスの花を見る事が少なくなっておりますが、すすき野原はあちこちで見掛けます。

今回はそんな秋のすすき野原での堀北真希うさぎです。

本当はもっと色々描きたかったのですが、本日は版権イラストの作業に追われていてこの落書きでお茶を濁しております。

堀北真希うさぎはこの週末にも郊外に出掛けており、その帰りのようです。

堀北真希うさぎが目をいじっているのはお約束ですね。


今回の再掲載は、平成28年11月に描いた堀北真希うさぎの落書きイラスト紅葉の下、コスモスの花が咲く秋の道を歩く堀北真希うさぎにしました。

『紅葉の下、コスモスの花が咲く秋の道を歩く堀北真希うさぎ(平成28年版)』の記事

秋と言えば紅葉とコスモスと言う事で、双方を絵の中に入れております。

  • 今にしてみればすすきも入れればよかったと言う気もしますが、すすきを描いたのは今回が初めてのような気がします。

堀北真希うさぎは、コンタクトレンズで目が乾くのか相変わらず目をいじっております。

以前ある方から、堀北真希うさぎなどが作中で目をいじっているのには意味があるのか?と訊かれた事がありますが、いずれもコンタクトレンズで目が乾くせいです。

また、コンタクトレンズを使っている女の子だからってわざわざ目の中にコンタクトを描くと言う発想がすごいと、複数のイラスト担当者の方から言われた事もあります。

ですが、コンタクトレンズをしている女の子の目にコンタクトレンズを描込むのって、そんなに変わった発想か?と思うのですがね…。