掲載記事(2)

日傘をさして通学する夏の朝の堀北真希うさぎ(平成30年 7月 9日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「日傘をさして通学する夏の朝の堀北真希うさぎ(平成30年 7月 9日)」の画像

今回は初夏の朝の堀北真希うさぎです。

この絵を描いた日の天気は余り良くなかったのですが、結構日傘を差している方が多かったのでこの題材で描いています。

  • 初めは麦わら帽子も考えたのですが、麦わら帽子をかぶっている方は余りいなかったので日傘にしました。

雨の時はピンクの雨傘をささせておりますが、この日の堀北真希うさぎは雨は降らなかったので白い日傘を差して通学しております。

お約束どおり?堀北真希うさぎはコンタクトを入れた目をいじっております。

これもまたお約束?ですが、堀北真希うさぎの後ろには JV 共済(JA 共済の捩り)とポシュロム・ジャパン(ボシュロムの捩り)のビルがあります。

  • JA 共済は平成19年に堀北真希うさぎを創造する契機となった堀北真希ちゃんの広告ポスターを掲出していたため、個人的に重要視しております。
  • ボシュロム・ジャパンは平成23年に堀北真希ちゃんを同社のコンタクトレンズ洗浄液にコマーシャルに起用しています。

    • 但し、堀北真希ちゃんは黒目が大き過ぎて使い捨てソフトレンズは使えず、このため堀北真希ちゃんの目はボシュロムではない筈です。

上根綾香(徒然チルドレン) 112・七夕の夜、織姫に扮している上根綾香ちゃん(平成30年 7月 7日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、七夕と言う事で七夕の伝説に登場するヒロイン・織姫に扮した上根綾香ちゃんを描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 112・七夕の夜、織姫に扮している上根綾香ちゃん(平成30年 7月 7日)」の画像

言うまでも無く平成30年 7月 7日のピクシヴのお題も「七夕」でしたが、お題に関係なくこの日の題材として上根綾香ちゃんに織姫に扮させるつもりでおりました。

  • 仙台市及び福島県いわき市では八月七日に七夕が行われますが。

上根綾香ちゃんは茶道部員なので織姫の服装で茶を振舞うと言うのも考えましたが、上根綾香ちゃんの茶道ネタは結構描いてきているので、今回は無難に七夕の伝説をイメージしたものとしました。

  • 年に一回しか逢えない織姫と違って、上根綾香ちゃんは毎日剛田に逢っておりますが。

織姫の服装をどうしようかと思ったのですが、いつも通り上半身のみの描画なので着物に羽衣としました。

  • 久し振りに下半身も含めて描く事も考えましたが、時間もなかったのでいつも通り上半身のみとしました。

色遣いについては、上根綾香ちゃんが紺色の髪と瞳(第十六話『コンタクト』に拠る)なのでちょっと悩んだのですが以前にも描いたようなフクシア色で塗りました。

上根綾香ちゃんの羽衣はピンク色にしてさり気なくハート型に描きました。

七夕らしく星の髪飾りも着けようかと思いましたが、上根綾香ちゃんは髪を束ねるヘアバンドが特徴なので敢えて着けませんでした。

  • ヘアバンドは原作に合わせていつも通り黄色にしております。

言うまでも無く、今回も上根綾香ちゃんの目を意識的に大きく描いております。

お蔭でコンタクトレンズも指先サイズどころか手のひらサイズになっております。

  • 最早コンタクトレンズ以前に黒目の大きさが異常な手のひらサイズと突込むべき域かも知れませんが。

夏の朝の洗面所での堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成30年 7月 6日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「夏の朝の洗面所での堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成30年 7月 6日)」の画像

今回は夏の朝の堀北真希うさぎうさ耳中学生姉妹です。

梅雨も明けて随分夏らしくなったので、今回はこの題材で描きました。

堀北真希うさぎは、大学に向けて家を出る前に洗面所でコンタクトレンズの装着をしていました。

妹も学校に向けて家を出る前にコンタクトを入れるために洗面所にやって来たところです。

  • 絵には描き切れませんでしたが、妹の左手には通学カバンを下げております。

この絵を描いた平成30年 7月 6日は台風などでさいたまでもかなり荒れた天気でしたが、イラストではかなり天気がいいと言う設定にしております。

妹はまだコンタクトを入れていないので外はよく見えませんが、外の明るさで天気が良い事は分かる筈です。


妹はもともとは目が悪くない設定でしたが、向かいの同級生・紀子ちゃん(神崎紀子)と間違えて目にソフトコンタクトレンズを描足してしまい、以来お姉ちゃん同様目が悪いと言う設定にしております。

もともとはお姉ちゃん・堀北真希うさぎをして「妹は全然勉強しないから目が悪くならない」と言わせていたのですが、勉強しなくても目が悪くなる人は悪くなりますからねえ…。

妹については、堀北真希うさぎとは対照的なキャラクタにしようとして来ました。

このため、国立女子大学の学生であるお姉ちゃんと違って頭が…と言う設定になっております。


そろそろ暑中見舞いを描かなければならないのですが、私自身の状況に依りまだ準備にも入れておりません。

ちなみに、平成29年クリスマスでは堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹でうごイラ(動くイラスト・簡易アニメ)を描きました

以下は、その動画です:

堀北真希うさぎが、塾に行っている妹・うさ耳中学生を迎えに行ったと言うものです。

二人で塾から帰る時に雪が降り始めてホワイトクリスマスとなった…と言う内容になっております。

  • もっとも、さいたまではクリスマスに雪が降る事はありませんが。

尚、平成20年クリスマスでは創作版と合わせて版権モノとして『徒然チルドレン』のヒロイン・上根綾香ちゃんが彼氏・剛田をサンタ姿で自室に招く…と言うものも作っております。

平成30年暑中見舞いは制作出来るか分かりませんが、出来たとしてもかなり尺が短いものになると思います。

上根綾香(徒然チルドレン) 111・台風が吹荒れる夏の朝、家の玄関を出た上根綾香(平成30年 7月 5日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、台風で激しい風雨が吹き荒れる夏の日の朝の上根綾香ちゃんです。

「上根綾香(徒然チルドレン) 111・台風が吹荒れる夏の朝、家の玄関を出た上根綾香(平成30年 7月 5日)」の画像

この絵を描いた平成30年 7月 5日、さいたまでは朝から激しい風雨に見舞われたため、この題材で描きました。

この日は朝から激しい風雨に見舞われておりますが、上根綾香ちゃんの高校では自宅待機が発令されておらず、このため学校に行かなければなりません。

上根綾香ちゃんは一応雨傘を持って玄関を出ようとしておりますが、傘を差そうとしてもすぐ壊れそうな程の風が吹き荒れております。

  • ちなみに、制作者も台風の日に店で買った傘が店を出た途端に壊れてしまった事があります。

とは言え、学校に着けば彼氏・剛田に逢えるので上根綾香ちゃんは学校に行きたくないと言う訳でもありません。

  • 剛田がこの日も朝練習が出来たかどうか、或いはそもそも学校に行けるのか否かは分かりませんが。

    もっとも、剛田はヴァレーボール部なので部活は体育館で行うので天気は関係ないでしょう。学校に行ければの話ですが。

ただ、風が激しいと束ねた髪が煽られたりコンタクトレンズを入れた目に埃が入って目が痛くなったりと散々なので、風が強い日には外に出るのは嫌みたいです。

尚、今回は家を出ると言う設定なので、以前描いた家の前まで送ってもらった上根綾香ちゃんのイラストを参考にしました。

まさか、以前描いたのと異なる家と言う訳には行きませんから…。


今回は少し上根綾香ちゃんの目の大きさを調整したつもりでしたが、結局かなり大きい目のままになってしまいました。

もう開き直って上根綾香ちゃんなど版権の女の子の目は目一杯大きく描くくらいにしようかとさえ思えてしまいました。


高校時代の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成30年 7月 4日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「高校時代の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成30年 7月 4日)」の画像

今回は七月のイラストとしては季節外れですが、高校時代の堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

平成30年 7月 4日のピクシヴのお題が「ブレザー」だったため、高校時代の二人を描きました。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは高校時代同級生と言う設定になっております。

史子ちゃんについては元ネタに合わせて栃木県から通学すると言う設定にしたかったのですが、堀北真希うさぎと一緒に成人式などに出させたいと言うのもあったため、この設定を断念しています。

結局、史子ちゃんは栃木県出身のさいたま市在住と言う設定にしております。

一方、堀北真希うさぎは武蔵久留米市(作中での東久留米市の事)出身のさいたま市在住としております。

堀北真希ちゃんに合わせて清瀬市と言う設定にしても良かったのですが、あらゆる事情があって東久留米市出身としております。

  • 現在、『東のくるめと、隣のめぐる』へのオマージュとなる作品を作っておりますが、堀北真希うさぎの出身地はこれらの作品を作り始めるより前に設定しました。

ちなみに、この制服はさいたま市内の高等学校としては実在しないものです。

上根綾香(徒然チルドレン) 110・夏の放課後、学校外のお店の前で剛田を待つ上根綾香(平成30年 7月 3日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は夏の放課後に、学校の外のお店で彼氏・剛田を待っている上根綾香ちゃんです。

「上根綾香(徒然チルドレン) 110・夏の放課後、学校外のお店の前で剛田を待つ上根綾香(平成30年 7月 3日)」の画像

平成30年 7月 3日のピクシヴのお題が「ソフトクリーム」だったため、この内容で描きました。

上根綾香ちゃんは、いつもなら彼氏・剛田が部活を終えるまで図書室で勉強などをしていますが、この日は学校外のお店の前のベンチでソフトクリームをなめながら剛田からのメールを待っております。

  • 上根綾香ちゃんの後ろは公園になっております。

今回も上根綾香ちゃんにお約束の目弄りはさせませんでした。

上根綾香ちゃんの右手はソフトクリーム、左手はスマートフォンを持っているため手が空いていないからです。


今回意外に手こずったのは上根綾香ちゃんが持っているソフトクリームの色です。

ソフトクリームも制服のセーラー服も真っ白なので、位置が悪いと分かり難くなってしまう恐れがありました。

  • このため、当初は真っ白でない抹茶ソフトクリームなどにする事も考えました。

後ろのソフトクリーム屋のディスプレイも結構面倒でした。

いずれにしても、ソフトクリームを巧く描かないと変なものに見えてしまうと言う心配はしませんでした。


いつもの事ですが、上根綾香ちゃんの目を大きく描きすぎました。

当然目の中のソフトコンタクトレンズもかなり大きくなります。

上根綾香ちゃんが左手に持っているスマートフォンの四分の三くらいですから、直径 4.5センチはあるでしょう。

とても第十六話『コンタクト』で出て来たような指先サイズのコンタクトレンズにはなりません。


初夏のキャンパスでの堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成30年 7月 2日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「初夏のキャンパスでの堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成30年 7月 2日)」の画像

今回は初夏の大学での堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

平成30年 7月 2日のピクシヴのお題が「ノースリーヴ」だったため、史子ちゃんにはノースリーヴのワンピースを着せました。

  • 堀北真希うさぎはいつものように半袖ブラウスとスカートのツーピースです。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは一緒に一般教養の講義を受講するため、移動中です。

  • 堀北真希うさぎと史子ちゃんは専攻が異なりますが、第二年次のため一般教養で同じ講義を取る事があります。

堀北真希うさぎと史子ちゃんを出した無音の仮想コマーシャル動画・堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~です。

この動画は何度となくリテイクをしており、そろそろもう一階リテイクしたいのですが時間が全く無いため放置しておりますorz

に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『講義室でのコンタクトレンズ女子大生たち~ソフトでも、ハードでも♪~』を真似た仮想コマーシャル動画です。

  • 但し、CM ソングについては音楽著作権の問題があるため合成せず無声動画としております。

はメインとなるソフトコンタクト女子大生を演じております

史子ちゃんもソフトレンズを愛用している設定の女子学生役を演じております。

上根綾香(徒然チルドレン) 109・七夕を控えた七月初めの放課後の上根綾香(平成30年 7月 2日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は七夕前の放課後の上根綾香ちゃんです。

「上根綾香(徒然チルドレン) 109・七夕を控えた七月初めの放課後の上根綾香(平成30年 7月 2日)」の画像

仙台市や福島県いわき市など一部地域を除き、七夕まで一週間を切ったのでこの題材で描きました。

  • ちなみに、これらの一部地域では八月七日に七夕が行われます。

いつものように上根綾香ちゃんは剛田と一緒に下校しておりますが、途中で立寄った店が七夕の企画をやっており、上根綾香ちゃんも願い事を書いた短冊を出しております。

上根綾香ちゃんはまだ高校二年生なので、恐らく短冊に書いた願い事は進路関係ではなく剛田との関係が続く事を願ったものと思われます。

今回は上根綾香ちゃんにお約束の目弄りはさせませんでしたが、普段より長時間コンタクトを装着していたのか右目がちょっと赤くなっています。

  • だったら、放課後に剛田を待っている間はコンタクトレンズを外して眼鏡にしていればいいような気もしますが、普通はそんな事はしないでしょう。

この絵だと上根綾香ちゃんは余り背が高くなさそうに見えてしまいますが、実際には上根綾香ちゃんは女子としてはかなり背が高いと思われます。

  • 上根綾香ちゃんが背が高いと思われる理由は、ヴァレーボール部員の剛田の隣りに座っている事と、コンタクトレンズを使用しているのに近視で黒板が見えずに困る事もある事の二つです。

それでも、剛田と並ぶと小さな女の子に見えてしまいます。


正直、今回は不調でした。

上根綾香ちゃんの顔を小さく描いている割に目を大きく描きすぎてしまっています。

ここ数作、上根綾香ちゃんの目を意識的に大きく描いているのですが、この絵では小さく描いているのでもう少し小さくした方が良かったのかも知れません。


夏の休日に花菜ちゃん(水沢花菜)の家庭教師をしている堀北真希うさぎ(平成30年 7月 1日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「夏の休日に花菜ちゃん(水沢花菜)の家庭教師をしている堀北真希うさぎ(平成30年 7月 1日)」の画像

今回は夏の週末の堀北真希うさぎ花菜ちゃん(水沢花菜)です。

平成30年 7月 1日のピクシヴのお題が「風鈴」だったため、この題材で描きました。

堀北真希うさぎはいつものように花菜ちゃんの家庭教師をしに来ております。

花菜ちゃんの部屋には、窓に風鈴が下げられております。

  • 今どきの小学生の一人部屋なら冷房も当たり前かと思われますが、一応冷房は使っていない事にしております。

花菜ちゃんは制服制の私立小学校に通っていますが、この日は週末で学校に行く必要がないため私服で堀北真希うさぎの指導を受けております。

花菜ちゃんは自室なので眼鏡でも良い筈ですが、堀北真希うさぎに逢うからかわざわざコンタクトを着けています。

夏らしく、花菜ちゃんの部屋の窓の外には入道雲も見られます。

上根綾香(徒然チルドレン) 108・雨が明けた七月の朝、いつものように学校に向かう上根綾香(平成30年 7月 1日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、梅雨も開けてすっかり夏らしくなった朝の上根綾香ちゃんです。

「上根綾香(徒然チルドレン) 108・雨が明けた七月の朝、いつものように学校に向かう上根綾香(平成30年 7月 1日)」の画像

梅雨明け後、さいたまでは相変わらず激しい風が吹いていますが、本作では風も収まった朝の上根綾香ちゃんを描いております。

上根綾香ちゃんは、朝は彼氏・剛田がヴァレーボール部の朝練習で先に学校に行っているため彼と一緒に通学する事が出来ません。

  • 一緒に通学出来ない事もないのですが、部活がない上根綾香ちゃんが朝早く学校に着いても居眠り以外に出来る事がありません。

このため、普段は同級生の女の子と一緒に通学したりしますが、この日は一人で学校に向かっております。

  • ひょっとしたらまだ同級生に逢う前なのかも知れませんが。

早くも空には入道雲が出来ており、街には緑の葉がたくさんついた樹々が並びます。

それでも、まだまだ紫陽花が咲いている場所も多く、上根綾香ちゃんの後ろにも沢山の花が咲いております。

前日と違って風は吹いていないので目に土埃が入る事はないのですが、コンタクトレンズ装着で早くも目が乾いたのか上根綾香ちゃんはお約束通り目をいじっております。

尚、ここのところ上根綾香ちゃんの目を大きめに描いていますが、それに合うように今回は更に顔を丸めに描いております。

上根綾香ちゃんの目の大きさは、第十六話『コンタクト』に合せて剛田の目の三倍くらいをイメージしております。

  • 若林稔弥さんは女の子の目は男子の目の二倍くらいの大きさで描いているようですが、第十六話『コンタクト』の上根綾香ちゃんに限っては目を剛田の目の三倍の大きさで描いていました。

  • 第十六話『コンタクト』基準にしているのは、同エピソードで描かれた上根綾香ちゃんがとても可愛かったからです。

当面上根綾香ちゃんに限らず、版権キャラクタについてはこのくらいの目の大きさで描いていくつもりです。


紫陽花の花はトゥィッターやピクシヴに公開後に改めて描き足しました。

やはり梅雨明けと言う感じが全くしない絵だったので、そのようなイメージを醸し出すために描き足しました。

  • ピクシヴには差替えましたが、トゥィッターは既に閲覧者様の反応があるため差替出来ませんでした。