上根綾香(徒然チルドレン) 99・茶道部のお茶会で、お客にお茶の前の和菓子を出している上根綾香(平成30年 6月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、茶道部のお茶会でお客にお茶の前のお菓子を出している上根綾香ちゃんを描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 99・茶道部のお茶会で、お客にお茶の前の和菓子を出している上根綾香(平成30年 6月16日)」の画像

平成30年 6月16日は「和菓子の日」だった事から、急遽この題材で描きました。

  • ちなみに、同日のピクシヴのお題は「レインコート」でした。

またこの日は土曜日だった事から、上根綾香ちゃんが所属する高校の茶道部が主催するお茶会と言う設定にしております。

恐らく、他校の茶道部の女の子たちが集まっているのでしょう、楽しそうな感じがします。

尚、茶道のお茶会と言えば和装が正統ですが、学校の部活なので上根綾香ちゃんも含めて参加する生徒は全員制服を着ているものとしております。

  • 平成29年の文化祭では上根綾香ちゃんも浴衣のような和装で茶道をやりました。

今回は上根綾香ちゃんと剛田の繋がりがない場面を描いたため、壁を殴る事なく描き切れました。

それでも、秋の文化祭では和装の上根綾香ちゃんが剛田にお茶を出すのでしょうねえ(壁を殴りながら)。

で、剛田は慣れない長時間の正座で足を痺れさせるのでしょうねえ(喜)

  • 蛇足ですが、上根綾香ちゃんが普段コンタクトなのは、茶道部の活動と関係があるのでしょうか。若い女の子の和装に眼鏡は合いませんから。

    私が高校時代に同期だった茶道部長の女の子はかなり目が悪かったのですが、買ってもらったハードコンタクトレンズ(当時はまだ使い捨てソフトレンズがなかった)は目に合わないと言っていました。

    そのため、授業中以外は頑なに眼鏡を掛けずにいました。


今回も上根綾香ちゃんの目を大きく描きすぎてしまいました。

制作者が描く女の子の目がかなり大きいのはいつもの事ですが、今回は胸まで入るよう全体を小さめに描いているため上根綾香ちゃんの目の大きさが際立っています。