上根綾香(徒然チルドレン) 92・紫陽花咲く五月末、剛田と一緒に夏服で下校する上根綾香(平成30年 5月29日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は教室では隣に座る剛田の彼女となって間もない五月末の上根綾香ちゃんを描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 92・紫陽花咲く五月末、剛田と一緒に夏服で下校する上根綾香(平成30年 5月29日)」の画像

前回まで、剛田に想いを寄せていた上根綾香ちゃんが第十六話『コンタクト』で剛田に告白を決行し、その後続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』で告白後逆に上根綾香ちゃんを避けてきた剛田が告白を受入れるまでを絵にして来ました。

今後、少なくとも平成30年度内は上根綾香ちゃんは剛田の彼女として登場する事となります。

今回は、

  • 制作者の近くでも紫陽花の花が咲き始めた事、
  • かなり暑くなってきて夏服になっている中高生も見掛けるようになった事

から、この題材で描く事としました。

上根綾香ちゃんも剛田も、暑くなって来たからか一足早く夏服で登下校するようになりました。

  • 『徒然チルドレン』の高校の場合、女子のセーラー服は冬服も白ですので半袖にする事で夏服とわかるようにしました。
  • 男子は冬は黒の詰襟服ですので、剛田にはカッタシャツを着せております。

    六月も近いからか、街には紫陽花が青い花を咲かせておりました。

    今回は、久し振りに"深刻な壁不足"に悩まされながら絵を描き上げました。

    • 深刻な壁不足…カップルを見て腹いせに殴る壁が足りない状態を表す俗語。

    剛田は右端にかなり適当に描いておりますが、上根綾香ちゃんはヴァレーボール部員の剛田の隣と言う事は結構背が高いと思われるので、このくらいの身長差かと思って描きました。


    余談ですが久し振りに上根綾香ちゃんにはコンタクトレンズで乾く目をいじらせております。

    それにしても、相変わらず上根綾香ちゃんの目が大きく見えます。

    制作者は若林稔弥さん同様目を真円に描くので、余計に大きく見えてしまいます。

    その上に通常描き足さないコンタクトレンズを描き足したせいで更に目が大きく見えてしまいます。


    蛇足ですが、この絵を初公開した後で上根綾香ちゃんの眉毛や影をつけ忘れていた事に気づいて修正しました。

    しかし、トィッターについては時既に遅く既にいいねなど反応があったため差替が出来ませんでした。