上根綾香(徒然チルドレン) 90・剛田に告白したものの、逆に避けられて涙目の上根綾香(平成30年 5月26日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回も前回に続き、『徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』で隣席の剛田に告白を決行したものの、続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』に入る前に逆に剛田に避けられるようになってしまった上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 90・剛田に告白したものの、逆に避けられて涙目の上根綾香(平成30年 5月26日)』の画像

上根綾香ちゃんは近視で黒板が見えずに困っていると何時もノートを見せてくれる剛田の優しさに惹かれ、想いを寄せておりました。

でも、上根綾香ちゃんはなかなか剛田に告白する機会が得られず、それどころか意識し過ぎて剛田を避けるようになってしまいました

それでも、思い切って第十六話『コンタクト』で剛田に告白をすべく接触(コンタクト)を敢行しました。

『コンタクト』の原作では最後の二コマで上根綾香ちゃんが泣きながらも好きですと言い、無事告白を成功させました。

でも、剛田はその告白に対し続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』の冒頭で上根綾香ちゃんにちょっと待ってくれと保留する態度を示しました。

以来、逆に剛田の方が上根綾香ちゃんを意識し過ぎるようになってしまい、上根綾香ちゃんを避けるような動きをするようになってしまいました。


さて、この日も上根綾香ちゃんは朝廊下で部活の朝練習を終えた剛田とすれ違いざまに挨拶したのですが、剛田は無視されて通り過ぎてしまいました。

この事で上根綾香ちゃんは自分が剛田にフラれてしまったのではと思って涙目になっております。

  • 因みに、原作での上根綾香ちゃんはかなり泣き虫らしく、第十六話『コンタクト』でも第二十六話『遠くから君を見てる』でも剛田の言葉に感極まって号泣する場面があります。

これ以上描く予定はありませんが、上根綾香ちゃんと剛田は隣の席同士なのに『遠くから君を見てる』までこのようなぎくしゃくした状態が続く事になります。


今後は第二十六話『遠くから君を見てる』後のお話し、すなわち上根綾香ちゃんが剛田と打ち解けあって正真正銘のカップルになってからのお話を描きたいと思います。