上根綾香(徒然チルドレン) 73・朝の大雨が已んだ放課後の上根綾香(平成30年 4月18日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、雨上がりの放課後の上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 73・朝の大雨が已んだ放課後の上根綾香(平成30年 4月18日)』の画像

この絵を描いた平成30年 4月18日、さいたまでは朝は大雨でしたが夕方には青空が拡がっておりました。

本作も、一応『徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』(平成25年 6月発表)の前、すなわち上根綾香ちゃんが剛田に惹かれる前の日常を描いております。

  • 原作では上根綾香ちゃんと剛田のお話が終わってしまいましたが、今後はこれを機に『コンタクト』より前の上根綾香ちゃんの日常を描いてみたいと思っております。

剛田に惹かれる前の上根綾香ちゃんですので、当然茶道部の部活を終えたら誰も待たずにすぐ家に帰る事になります。

朝は大雨だったので当然上根綾香ちゃんは傘を持っていったのですが、雨が已んでしまえば朝必要だった傘もお荷物になってしまいます。

ですが、上根綾香ちゃんにとっては、雨の中帰るよりは晴れた方が嬉しいようです。

蛇足ですが、普通は雨が已んだら閉じた傘を下に下げて歩きますが、上根綾香ちゃんが朝傘を持って行った事を示すため、イラストでは敢えて上根綾香ちゃんには傘を上にあげさせております。

本当は花水木など季節感のあるものを描き足したかったのですが、結局校舎を後にする上根綾香ちゃん…と言う感じにしております。


今回もお約束通りコンタクトを入れた目をいじって…ではなく左目をいじった直後にしております。

まぁ、好きな男子がまだいない状況なので眼鏡にしてもいいのではと言う気もするかも知れませんが、上根綾香ちゃんのように普段からコンタクトレンズを使っている女の子は眼鏡を嫌がるものです。

実際、若林稔弥さんは『コンタクト』以来五年間で一度も上根綾香ちゃんに眼鏡を掛けさせた事がありません。閲覧者からはリクエストが有ったのですが。

  • 例えば上根綾香ちゃんが使い捨てソフトレンズを切らしてしまい仕方なく眼鏡を掛けてきたと言う設定があっても良かったとは思います。
  • ちなみに、制作者の大学生時代に出逢った女の子で、初対面の前日に片方のソフトレンズが手入れ中に破れてしまった(当時は使い捨てレンズがなかった)ため、片目にだけレンズを入れていた娘がいました。その娘は余程眼鏡が嫌だったのでしょう。