上根綾香(徒然チルドレン) 62・さくらの季節が近い三月末の朝の上根綾香(平成30年 3月25日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、さくら開花が近い三月の末の朝の上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 62・さくらの季節が近い三月末の朝の上根綾香(平成30年 3月25日)』の画像

この絵を描いた平成30年 3月25日には制作者の周りでもさくらの樹につぼみが沢山ついてきているため、この題材で描きました。

この時期になると既に高校も春休みになっておりますが、上根綾香ちゃんは何らかの用事で学校に向かうようです。

朝、制服に着替えて髪を整えてからコンタクトを装着した上根綾香ちゃんが窓のカーテンを開くと、窓の外のさくらの樹の枝にはつぼみが沢山ついており、その中にはひと足早く開花しているものもありました。

  • 以前はコンタクトを入れてから髪を整えている上根綾香ちゃんを描いた記憶もあり、順序が逆になっていますが…。

まだ肌寒い日が続くため、部屋の壁にはコートを掛けております。


春休みに入ったのに上根綾香ちゃんを私服にしないのは、ピクシヴなどで セーラー服 とか 制服 で検索されてお越しになる方が多いと言うのも理由です。