上根綾香(徒然チルドレン) 57・春一番が吹き荒れる三月半ばの朝の上根綾香(平成30年 3月12日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、春一番が吹き荒れる朝の上根綾香ちゃんを描きました。

この作品を描いた平成30年 3月12日、さいたまでは天気は良いものの激しい風が吹き荒れていたため、この題材で描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 57・春一番が吹き荒れる三月半ばの朝の上根綾香(平成30年 3月12日)』の画像

この日の朝も上根綾香ちゃんは一人で学校に向かっております。

この日は寒いからか、上根綾香ちゃんは顔を赤らめて登校しております。

上根綾香ちゃんのマフラーは、束ねている髪とともに激しく吹き煽られております。

また、コンタクトレンズを入れている目にも土埃が容赦なく入り、お蔭で両目とも真っ赤になっております。

  • 更にコンタクトレンズで目が乾くので、上根綾香ちゃんも目をいじりたいのでしょうが、土埃が襲う中不用意に目をこすったりすると角膜を傷つけたりコンタクトレンズを落とす恐れもあります。
  • もっとも、これだけ激しく風が吹けば、裸眼でも目が真っ赤になりそうですが。

一応三月と言う事で、上根綾香ちゃんの背後に満開の桃の樹を描いております。