上根綾香(徒然チルドレン) 52・桃の節句のお茶会での上根綾香ちゃん(平成30年 3月 3日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、三月のお茶会での上根綾香ちゃんです。

『上根綾香(徒然チルドレン) 52・桃の節句のお茶会での上根綾香ちゃん(平成30年 3月 3日)』の画像

三月三日は桃の節句だったため、当初はひな祭り関係の絵を描こうと思いました。

具体的には、雛人形の服を着せた上根綾香ちゃんをお内裏様の服を着た彼氏・剛田の隣に座らせると言うものでした。

ですが、上根綾香ちゃんの紺色の髪に雛人形の衣装は合わなそうだと思い、この題材で描く事としました。

上根綾香ちゃんは茶道部と言う設定になっているのも、この題材で描いた理由です。

会場の外は桃の花が満開で、そんな中で桃色の晴れ着を着た上根綾香ちゃんが茶道をやっております。

今回は、桃の節句に因んで、普段は黄色のヘアバンドもピンク色にしております。

  • 流石に茶道にかつらやカラーコンタクトは拙いので、そこまではしませんでした。

ところで、いつも思うのですが、茶道には主に表千家と裏千家の二つの流派に分かれます。

上根綾香ちゃん或いは彼女が属する茶道部はどちらの流派なのでしょうか。

もっとも、若林稔弥さんはそこまで細かい設定はしていないと思われますが。