寒くなった十一月末の大学での堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『寒くなった十一月末の大学での堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年11月22日)』の画像

十一月も終盤になり、さいたまでも益々寒くなっております。

今回はそんな十一月末の午後の大学の講義室での堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは、この時同じ講義を受講しておりました。

何度も申し上げている通り、堀北真希うさぎがうさ耳が目立ち過ぎるため、講義室では一番後ろに座っております。

堀北真希うさぎはコンタクトレンズがないと何も見えない程目が悪いのですが、聴力はうさ耳のお蔭で非常に良く講義を聞き漏らさないため、後ろでも問題ない訳です。

史子ちゃんもコンタクトレンズで視力矯正しておりますが、講義室が広いため後ろからだと見難く、このため前の方に座っておりました。

  • 高校までの教室ならコンタクトレンズや眼鏡で矯正すれば一番後ろからでも板書が見えるようになると思われますが、大学の講義室には非常に広い部屋もあり、その場合は余程目が良くないと板書が見えないでしょう。

講義が終わって、史子ちゃんは一番後ろまでやって来ました。

堀北真希うさぎは、文具などを片付けてコートをセーターの上に着込んでおります。

窓の外には既に大半の葉が散ったもののまだ僅かに波が残っているさくらの樹の枝が見えます。

堀北真希うさぎは両手が塞がっておりますが、お約束通り史子ちゃんは目をいじっております。

  • 実を言うと、史子ちゃんのモデルの大学時代の同期はコンタクトで目が乾くためパチパチまばたきしていましたが、目を弄る癖はありませんでした。

今回の再掲載は、平成28年 7月に描いた堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)の並行世界堀北真希うさぎと夏休みにアルバイトをしている史子ちゃんです。

余りにも寒くなったので、正反対の季節が懐かしくなってこの絵を撰びました。

この絵は堀北真希うさぎと史子ちゃんの並行世界という設定で描いておりますが、堀北真希うさぎと史子ちゃんの高校時代と言うようにも取れるでしょう。

史子ちゃんのモデルもそうでしたが、史子ちゃんは休みのたびにアルバイトに明け暮れております。

この並行世界でも例外でなく、史子ちゃんはやはりアルバイトに明け暮れております。

堀北真希うさぎが学校から帰って寄った店で史子ちゃんが働いていると言う場面です。

  • 堀北真希うさぎと史子ちゃんは同級生ですが、夏休みなので堀北真希うさぎは用があって学校に来ているものの、史子ちゃんは学校に行く必要がないと言う状況となっております。

堀北真希うさぎと史子ちゃんに着せている高校の制服は、堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~で着せている服をそのまま転用したものです。

但し、この仮想コマーシャルでは女子大の講義室(を模したスタジオのセット)を舞台としており、堀北真希うさぎや史子ちゃんなどはそこで受講している女子大生の役となっております。

この動画は、に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『講義室でのコンタクトレンズ女子大生たち~ソフトでも、ハードでも♪~』を真似たものです。

  • 原作コマーシャルの映像はネットでは共有されていないようなので、あやふやな記憶を元に真似しているため、実際のそれとは大きく異なっている箇所もあり得ます。

ストーリーとしては講義中コンタクトレンズで目が乾く女子大生たちが一斉にマイティアCLを点眼するという内容です。

舞台が真っ白で殺風景だった事に加えて、女子大生たちがみんな白っぽい服を着ていた記憶があるため、このような学校制服のような服を着せました。

  • ただ、当時は女子大生でも蝶ネクタイとかを着けている娘も結構いたような気がします。

は、メインとなるソフトコンタクトレンズ女子大生を演じております

  • 当時ソフトレンズ対応の目薬がなかったため、ソフトレンズ愛用者に向けて原作コマーシャルを作成したものと思われます。