上根綾香(徒然チルドレン) 3・授業中隣席の上根綾香(平成29年11月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『若林稔弥『徒然チルドレン』授業中の上根綾香(平成29年11月22日)』の画像

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、若林稔弥作『徒然チルドレン』の登場人物・上根綾香ちゃんの第三弾です。

原作からは逸脱しておりますが、この絵の上根綾香ちゃんは教室で隣の席に話しかけているところです。

私が高校生の頃は、隣の女の子は授業中でさえ気軽に私に話しかけてくれたものです。

ですが実際の『徒然チルドレン』では、第十六話『コンタクト』まで隣の剛田とはお互いに意識しあっており、上根綾香ちゃんは剛田を避ける素振りさえ見せておりました。

結局、上根綾香ちゃんはある日の放課後に予め外しておいたコンタクトレンズを恋に…もとい故意に床に落として(単行本第一巻のおまけ漫画参照)、剛田に「コンタクトレンズを落としたから一緒に探してほしい」と頼み込み、その際に剛田に告白したのです。

ですが、この結果更にお互いに意識し合うようになってしまい、続篇となる第二十六話『遠くから君を見てる』では更に互いに気まずい状況になってしまいました。