上根綾香(徒然チルドレン) 2・茶道部での上根綾香(平成29年11月19日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんの第二弾です。

『若林稔弥作『徒然チルドレン』上根綾香 2・茶道部での上根綾香(平成29年11月19日)』の画像

上根綾香ちゃんは茶道部と言う設定のため、今回は部活で茶道をやっているところを描きました。

実はこのイラストは随分前に描いていたのですが、個人的に何度直しても満足出来なかったため、一から描き直しました。

  • 蛇足ですが、背後の掛け軸に書いてある深刻な壁不足とは『徒然チルドレン』を象徴する言葉だそうです。

ところで、茶道には表千家と裏千家と言う二大流派があるようですが、上根綾香ちゃんはどちらの流派なのでしょうか?

  • 中高生時代、茶道をやっている女の子が結構いたのですが、どちらなのかを訊いた事がなかったりします^^;

尚、前回は眼鏡差分を作りましたが、そもそも上根綾香ちゃんは普段コンタクトレンズを常用しており眼鏡を掛けて登場した事がないため、眼鏡差分は作っておりません。

ただ、私の学生時代には茶道をやっている女の子で普段から眼鏡を掛けている娘は見た事がありませんでした。

高校時代の茶道部長の娘は目が悪いのですが授業中だけ眼鏡を掛けており普段は裸眼でした(コンタクトレンズも使っていなかった)。

確かに晴れ着の場合には眼鏡と言う訳にも行きませんが、普段は制服で茶道をするのですから眼鏡でも問題はないと思われますが…。