十一月の大学講義室での堀北真希うさぎ(平成29年11月10日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『十一月の大学講義室での堀北真希うさぎ(平成29年11月10日)』の画像

今日のさいたまはいい天気で風も穏やかになり、またそれ程寒い日でもありませんでした。

今回はそんな十一月半ばの大学での堀北真希うさぎです。

堀北真希うさぎはいつものように講義室の一番後ろの窓側で講義を聴講しております。

例に依ってうさ耳が目立ち過ぎるため教官の目が止まらないようにしたものです。

講義室の窓の外にはまだ枯れ葉が残っているさくらの樹があり、枯れ葉が散っているのが分かります。

堀北真希うさぎは相変わらずコンタクトレンズで乾く目をいじりながら講義を聞いております。

講義室の一番後ろでも、うさ耳の聴力で聞き漏らさないため視力が低くて黒板が見えなくても実は余り困らなかったりします。

  • 小中高教室ならコンタクトレンズで矯正すれば問題ないでしょうが、大学の講義室の場合大きなところなら一番後ろからでは相当視力が高くても板書が見えない事があるようです。

今回の作品も、昨日の堀北真希うさぎと史子ちゃんの落書きに続いてペンタブレットだけで描きました。

今後も可能な限りペンタブレットで描いていくつもりです。

また、本日は別の絵を描いて載せる予定でしたが、今日は金曜日のため今回描いた絵を先に載せる事としました。


今回は平成28年 2月に描いた堀北真希うさぎの落書きイラスト二月の大学での堀北真希うさぎを再掲載します。

大学の講義つながりと言う事でこの絵を撰びました。

『梅が咲き春も近付く二月、大学で講義を受講している堀北真希うさぎ(平成28年版)』の記事

こちらは二月のため、講義室の窓の外に梅の花が咲いている状況です。

この絵では、堀北真希うさぎはボーッとしているのか上を見ておりますが、これは本来平成28年ヴァレンタイン企画動画で使うつもりで描いた堀北真希うさぎの壁ドン場面での堀北真希うさぎを使い廻したものです。

こちらがその元となった堀北真希うさぎの壁ドン画像です:

『落としたコンタクトレンズが見つかった直後に壁ドンされた堀北真希うさぎ』の画像

堀北真希うさぎが落としたコンタクトレンズが見つかってホッとしてこれから再装着しようとしたその瞬間、コンタクトを拾ってくれた相手からいきなり壁ドンを喰らった…と言う場面でした。

ですが、ストーリーの関係でこの壁ドン場面は入れられず、結局上のイラストに転用したものです。

ついでにその動画・堀北真希うさぎの平成28年ヴァレンタイン・翌日月曜の大学でを今回も挙げておきます:

目が悪い女の子がコンタクトレンズを落として好きな人に助けてもらう…と言うのは少女漫画ではベタ過ぎるくらいの定番ですが、少年漫画でも若林稔弥作『徒然チルドレン』のエピソード『コンタクト』でヒロイン・上根綾香がコンタクトレンズを落としております。

この動画も『コンタクト』をヒントに作成したものです。