平成29年06月26日(1)

雨が降らなかった午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 6月26日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『雨が降らなかった午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 6月26日)』の画像

朝大雨だったため傘を持っていったものの、結局雨が降らなかった午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

今日のさいたまは早朝はかなり激しく降ったのですが、日中は雨が殆ど降りませんでした。

このため、夕方前には小中学生が傘を手に下校しているのを多数見かけました。

堀北真希うさぎも紀子ちゃんも、朝の土砂降りのため傘を持って大学なり学校なりに行きましたが、二人が帰宅するときには全く雨は降っておりませんでした。

紀子ちゃんは堀北真希うさぎの通う大学の附属女子中学校の生徒のためか、帰宅が一緒になる事が多くなっております。


さて、今回の再掲載は昨年平成28年 6月に制作した堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)の落書きイラスト六月の午後、帰宅中の堀北真希うさぎと眼鏡屋から出て来た紀子ちゃんです。

『六月の午後、帰宅中の堀北真希うさぎと眼鏡屋から出て来た紀子ちゃん(神崎紀子) (平成28年版)』の記事

堀北真希うさぎが講義を終えて帰宅しようと、行き付けの眼鏡屋の前を通り過ぎようとしたところ、制服を着た紀子ちゃんがその眼鏡屋から出てきたところです。

紀子ちゃんも堀北真希うさぎ同様使い捨てでないソフトコンタクトを愛用しており、レンズ保存液を切らしてしまったので下校中に立寄って購入していたところです。

  • 紀子ちゃんのモデルの幼馴染も、高校時代に保存液を切らして同じクラスでソフトレンズを使っている女の子に分けてもらっていた事がありました。

    • ちなみにクラスでコンタクトレンズを使っていた女の子は紀子ちゃんのモデルと分けてくれた娘の二人だけでした。

      しかも、そのもう一人の女の子は私の隣の席の娘でした。

六月の朝の美穂ちゃん(森本美穂) (平成29年 6月26日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『六月の朝の美穂ちゃん(森本美穂) (平成29年 6月26日)』の画像

今回は、六月の朝の美穂ちゃん(森本美穂)です。

美穂ちゃんはさいたま市から電車で東京都内の公立中学校に通学しております。

埼玉県から電車で都内の公立中学校に通学する生徒は珍しくはありませんが、その殆どが京浜東北線沿線(台東区や千代田区等)となります。

美穂ちゃんは東京都西区(←仮名にしております)の公立中学校に通学していると言う設定です。

  • 埼玉県民が電車でよく行く繁華街に近いところと言えばお察し頂けますでしょう。

元ネタにしている中学校は冬はセーラー服ですが、夏はブラウスに腰スカートとなっております。

ですが、美穂ちゃんのモデルは昭和50年代のセーラー服広告ポスターに出ていた女の子なので、冬服とは色違いのセーラー服を着せております。


美穂ちゃんはちょっとあいちゃん(井出愛美)と描き分けが難しいのですが、瞳の色やキャッチライトはモデルに合わせたものにしております。