雨降る六月の午後の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成29年 6月13日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『雨降る六月の午後の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成29年 6月13日)』の画像

今回の落書きは、雨降る六月の放課後の堀北真希うさぎ千裕ちゃん(佐藤千裕)です。

今日のさいたまは天気が崩れ、時々雨が降ったりしました。

既に市内の学校などではプール開きをしているようで、その題材で描くつもりでしたが今回は天気が悪く急に気温も下がったのでこの題材にしました。

堀北真希うさぎは千裕ちゃんの家庭教師もしているため、互いに面識があります。

また、堀北真希うさぎはまだ二年生ですが、何故か附属小学校に雑用などで呼ばれたりするため、他の児童にもよく知られていると言う設定です。

さいたま市に実在する埼玉大学教育学部附属小学校は私服制です(それでも他の小学校の児童と着ている服が違うため、一目で埼大附小の児童と分かります)。

ですが、千裕ちゃんの学校は架空の国立女子小学校(さいたま女子大学教育学部附属小学校)なので制服があります。

一方実在の埼大附属小学校には制帽がありますが、千裕ちゃんに大きなおリボンを着けさせるため?制帽は廃止としております。


以下は平成28年11月に描いた堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕)のイラスト堀北真希うさぎと、美容院から出てきた妹の七五三に付添う千裕ちゃんです。

『堀北真希うさぎと、美容院から出てきた妹の七五三に付添う千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成28年版)』の記事

例年十一月には七五三関係の絵を堀北真希うさぎと千裕ちゃんなど小学生のキャラクタを用いた絵を描いております。

ただ、千裕ちゃんなどは六年生のため、妹の七五三に付添うと言う設定にしております。

千裕ちゃんもコンタクトですが小学校五年までは眼鏡を掛けていたと言う設定にしております。

その理由の一つが、妹の七五三で和装するためと言うのがあります。


体調が良くないのに意味のない落書きしていてもねえ…。