六月の曇った午後の大学での堀北真希うさぎ(平成29年 6月 6日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『六月の曇った午後の大学での堀北真希うさぎ(平成29年 6月 6日)』の画像

曇った六月の午後、大学の講義室での堀北真希うさぎです。

ここ数日、さいたまでは天気が崩れると言う事ですのでこの題材で描きました。

堀北真希うさぎはいつものように講義室の一番後ろで聴講しております。

堀北真希うさぎのうさ耳にはかなり高い聴力があるので、後ろでも聞き漏らす心配はありません。

視力の方はコンタクトレンズで矯正しておりますが、そのせいで涙が乾いて目が痛くなるため、つい目を弄る癖がついてしまっております。

もっとも、大きな講義室になると後ろの方からだと相当視力が高くても板書が見えないようです。


堀北真希うさぎなど横向きに描く事が多いのですが、もともとは横顔を描く事は殆どありませんでした。

  • そのためか、かつては他者から持ちキャラの横顔を描かれた事もあったくらいです(苦笑。

横顔を描くようになったのは、平成23年に堀北真希ちゃんがボシュロムのコンタクトレンズ洗浄液『レニュー』のコマーシャルに出演したのを機に作成した堀北真希うさぎの無声動画堀北真希うさぎの目は、ボシュロムを作ったのが切掛となっております。

平成元年から平成 3年にかけて放映されたボシュロム・ジャパン使い捨てでないソフトコンタクトレンズオプティマ』のコマーシャルでは、石田ひかりちゃんや中江有里ちゃんが実際に装着する場面を演じておりました。

それを堀北真希うさぎで演ったものです。

堀北真希うさぎはポシュロム(ボシュロムのパロディで一文字目が半濁音)の使い捨てでないソフトレンズを愛用している設定にしております。

  • 但し、ボシュロム社は既に使い捨てでないソフトレンズの生産を終了しており、現在では使い捨てとハードレンズしか作っておりません。

    一方、堀北真希ちゃんは黒目が大き過ぎて使い捨てレンズが処方出来ないとの事で、このため堀北真希ちゃんは別の会社のソフトレンズ───メニコン辺りか───を愛用していると思われます。

この動画を作った後に、いつもこの日記でも掲載している堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~を作成しました。

こちらはに放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『ソフトでも、ハードでも♪』を堀北真希うさぎ主演で真似た仮想コマーシャル動画です。

音楽著作権の関係で CM ソングを合成する訳には行かず、このため無声動画となっております。

  • ちなみに、昭和55年に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャルの CM ソングにあります。

上のイラスト等、私が描くイラストでの講義室が真っ白なのは、この仮想コマーシャルの舞台が如何にもセットと言うような真っ白でチープな講義室だった事に依ります。

私の記憶では登場する女子大生役の女の子は高校の制服のような服を着ておりましたが、当時は女子大生でも蝶ネクタイを使う事はありました。

はメインとなるソフトコンタクトレンズ女子大生を演じております


それにしても、グーグル日本語入力は堀北真希うさぎを一発で変換出来るのに、何で私の状況は良くならないのでしょうかねえ…。