四月半ばの朝の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成29年 4月18日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『四月半ばの朝の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕)_(平成29年_4月18日)』の画像

四月半ばの朝の堀北真希うさぎ千裕ちゃん(佐藤千裕)です。

この題材を思い付いたのは悪い理由に依るものです。

今日の早朝に見沼区で刃物男が店員を襲って逃走する事件が起こり、朝八時前に防災無線放送で警告が出るなどさいたま市内では騒ぎになりました。

その際、通学時間と言う事もあって所轄警察署から「不要なら外出は控えて欲しい」「通学する児童の安全を見守って欲しい」とも言っておりました。

幸い被疑者は夕方までに捕まったそうですが、その際にこの題材を思い付きました。

堀北真希うさぎたちは学校からの要請でヴォランティアとして学童擁護をしております。

今回、堀北真希うさぎが通うさいたま女子大学(架空の国立女子大)の附属小学校の児童・千裕ちゃんが通学してきました。

背後には花水木が満開となっております。


千裕ちゃんは附属小学校の六年生と言う設定のキャラクタです。

この娘には特にモデルがなく、設定当初はポニーテールの女の子が書きたいと言う動機で描いたモブキャラクタでした。

その後出番が増えたため、佐藤千裕と言う名前を付けるに至っております。

かつてはピンクの細いリボンでポニーテールにしておりましたが、現在では大きなおリボンを着けております。

このため、国立小学校でありながら制帽がないと言う設定になっております。


以下は平成28年暑中見舞い企画として作成した堀北真希うさぎと千裕ちゃんの無声動画夏休みの附属小学校での堀北真希うさぎと千裕ちゃんです。

堀北真希うさぎはまだ大学二年なのでまだ教育学部生と言えども附属学校に頻繁に出入り出来ない筈なのですが、何故か附属学校に出入りして学校内の雑用を手伝っております。

この日の堀北真希うさぎは、ヴォランティアとして植物園に水をまいているところです。