さくらが咲く新学年の午後の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年 4月 7日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『さくらが咲く新学年の午後の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年_4月_7日)』の画像

四月の初めの午後、これから遊びに行く堀北真希うさぎと新学年一日目の学校を終えて帰宅するうさ耳中学生です。

もともと、堀北真希うさぎはこのうさ耳中学生の実姉を作ろうと言う発想から生まれました。

うさ耳中学生自身には特に名前を付けておりませんでしたが、堀北真希うさぎの実妹となった結果自動的に堀北姓となりました。

実姉に実在するモデルがいる事から、益々妹には名前が付けられなくなってしまいました。

一時期は紀子ちゃん(神崎紀子)との描き分けが難しかったため、妹を描く機会を減らしていたのですが、平成28年 8月下旬に少し描き分けるようになってから出番を増やしております。

元々は実姉・堀北真希うさぎをして「妹は勉強しないから目が悪くならない」と言わせていたと言う設定でした。

ですが、平成28年の復活の際に手拍子で目にソフトコンタクトレンズを描き込んでしまったため以来姉と同じポシュロム(ボシュロムの一文字目を半濁音にした捩りw)の使い捨てレンズを使っている設定にしております。

一方、お姉ちゃん・堀北真希うさぎはモデルの堀北真希ちゃんに合わせ、黒目が大き過ぎるため使い捨てでないソフトレンズを使っていると言う設定にしております。

今となってはすっかり季節外れになってしまった題材ですが、平成28年のクリスマス企画で作った堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹の無声動画堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹のホワイトクリスマスです。

この動画を作ったときはまだ堀北真希うさぎもうさ耳中学生もヒト耳がないと言う設定だったため、二人とも家でもコンタクトレンズを使っていますが、平成29年度設定からヒト耳がないと言う設定は破棄しております。

  • 但し、ヒト耳があるとは言っておりません。そもそも、二人とも耳が隠れる髪型なのでヒト耳があってもなくても眼鏡を掛けられるか否かしか変わらなかったりします。

もっとも、家の外では姉妹とも恐らく絶対に眼鏡は掛けないと思われます。