三月の午後の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成29年 3月 7日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『三月の午後の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕)_(平成29年_3月_7日)』の画像

三月初めの午後、学校から帰ってきた千裕ちゃん(佐藤千裕)の家庭教師をしに来た堀北真希うさぎです。

千裕ちゃんは堀北真希うさぎが通う大学の附属小学校六年生で、堀北真希うさぎの家庭教師指導を受けている女の子です。

国立小学校なので内部進学はせず、外部の超有名私立女子中学校に進学する事となり、既に進学先の中学校の制服が掛けられております。

千裕ちゃんが学校から家に着いたときには約束の時間も近かったため着替えの時間が取れず、結局制服のままで堀北真希うさぎを迎える事になってしまったようです。

堀北真希うさぎは大学の合格発表などで大学に行く用事がなく、自宅から直接千裕ちゃんの家に来ました。

千裕ちゃんは元々ポニーテールの女の子として描いたのですが、描いているうちにポニーテールを結んでいるリボンを大きく描くようになり、今ではおリボン娘となっております。

一方、堀北真希ちゃんの年齢を考えれば、堀北真希うさぎもそろそろ大学生ではなく小学校の教師などにしても良いかも知れません。

ただ、例年年度末は慌ただしくなって結局サ○エさん方式で年齢を十九歳に巻戻しております。

ですから、四月くらいから始める予定の平成29年度でも、堀北真希うさぎは十九歳の女子大生のままにするつもりです。

但し、ヒト耳がないと言う設定については平成29年度からは削除する予定です。

もっとも、堀北真希ちゃん自身が普段耳が隠れる髪型をしている事と人前で眼鏡を掛けたがらない事から、ヒト耳があると言う設定が意味を持つ作品は描く事はないと思われます。


堀北真希うさぎと千裕ちゃんをあわせた作品は結構作っております。

以下は平成28年の暑中見舞い企画として作った動画で、夏休みの附属小学校での堀北真希うさぎと千裕ちゃんです。

この動画では、夏休み中に堀北真希うさぎが附属小学校でヴォランティアをしていたところ、夏休み登校から帰ってきた千裕ちゃんと出逢うと言う場面を描いております。