平成29年03月(1)

さくらが咲く春の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 3月31日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『さくらが咲く春の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)_(平成29年_3月31日)』の画像

さくらが咲く三月末の午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

HTML5 アプリケーション開発に時間を割いていたため、このところ絵が描けませんでしたが、必要な作業が全て終わったため本日から復帰する事にしました。

一足早く平成29年度に入ったものの忙しくて描く時間がなかったのですが、紀子ちゃんは私の幼馴染がモデルなので堀北真希うさぎとともに力を入れております。

作品の年度が変わる度に年齢を巻戻しておりますが、一足早く新年度に入ったためこの時点では堀北真希うさぎはまだ大学一年生、紀子ちゃんは中学一年生となっております。

  • 堀北真希ちゃんももうアラサーなので、いい加減堀北真希うさぎも社会人にした方が良いのかも知れませんが、サ○エさん方式で年齢を巻戻し続けております。

買い出しに出るとさくらが咲き始めており、少しずつですが暖かくなっております。

堀北真希うさぎは買い物から帰る途中、同じ店に買いに行く紀子ちゃんと出逢いました。


以下は何度も載せておりますが、平成27年10月10日、"目の日"に描いた眼科医院の待合室での堀北真希うさぎと紀子ちゃんです。

堀北真希うさぎと紀子ちゃんは二人ともそれぞれのモデルに合わせて使い捨てでないソフトコンタクトレンズを常用しております。

このため、堀北真希うさぎも紀子ちゃんも三ヶ月毎にこのように眼科医に検診を受けに行きます。

堀北真希うさぎと紀子ちゃんは向かいに住んでいるため、行き付けの眼科医院も同じ近所の医院となる訳です。

平成27年10月10日は土曜日だったため、紀子ちゃんも普段着で来ております。


今日で平成28年度も終わりですが、まだ平成28年度の作品を本拠地サイトに移しておりません。

  • 本拠地サイトの更新はまだまだやれそうにありません。

雨降る三月末の週末の堀北真希うさぎ(平成29年 3月26日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『雨降る三月末の週末の堀北真希うさぎ(平成29年_3月26日)』の画像

雨降る三月末の寒い週末の堀北真希うさぎです。

昨日は天気も良く割と暖かかったのですが、今日は朝から雨が振って寒かったのでこの絵を描いております。

HTML5 アプリケーション開発が佳境に入っている事に加えて、公開に際し文書も作らなければならないため、本当なら向こう一週間は絵を休みたいくらいですが、一応描いておきました。

  • 普段でしたら、絵を描くのは気分転換になるのですが、気分を転換して緩めたくはないと言う気持ちになっているのです。

雨が降る中、堀北真希うさぎは傘を指して帰宅しているところです。

堀北真希うさぎの後ろの塀の向こうにはまだ桃の花が咲いているようです。

さくら開花前の堀北真希うさぎ (平成29年 3月25日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『さくら開花前の堀北真希うさぎ_(平成29年_3月25日)』の画像

さくらが開花する前の堀北真希うさぎです。

既にお知らせした通り、本日から平成29年度と致します。

このため、堀北真希うさぎは十九歳に年齢を巻戻しております。

作品は花が咲き始めたさくらの枝の下で堀北真希うさぎがスマートフォンを見ているところです。

勿論、お約束で堀北真希うさぎはコンタクトレンズで涙が乾く目をいじっていたようです。

HTML5 アプリケーション開発のため絵を描く時間は充分ではなく、このため今回もこの程度でお茶を濁しております。

春休みの堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 3月23日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『春休みの堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)_(平成29年_3月23日)』の画像

一足早いですが、平成28年度最後の作品です。

明日以降の作品は平成29年度の作品となります。

三月末の春休みの堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

そろそろさくらも咲き始めているので、この題材にしました。

平成28年度最後の作品なので、最も大事なキャラクタである堀北真希うさぎと紀子ちゃんの二人にしました。

さいたまはまたちょっと肌寒いのですが、春らしくするため作中の堀北真希うさぎと紀子ちゃんにはコートを着せませんでした。


平成29年度については例年通り堀北真希うさぎや紀子ちゃんなど全キャラクタの年齢を一年巻戻します。

堀北真希ちゃんは既にアラサーですが、それでも堀北真希うさぎについては十九歳に年齢を巻戻します。

中学校卒業時の堀北真希うさぎ(平成29年 3月21日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『中学校卒業時の堀北真希うさぎ(平成29年_3月21日)』の画像

堀北真希うさぎが中学校時代に卒業式を終えたところです。

堀北真希うさぎの卒業関係作品は毎年作っており、今年平成29年も作りました。

例年だったら動画にしたのですが、平成29年は忙しいので静止画しか作れませんでしたorz

そろそろ大学卒業ネタでも良さそうな気もしますが、今年も中学卒業時としました。

今回は中学時代と言う事で、堀北真希うさぎの顔を意識的に少し丸めに描いております。

堀北真希ちゃんが産まれた東京都清瀬市には中学校は数える程しかありませんが、それでもその中のどれかは分からかなかったのでそのうちの一つの制服を着せております。

堀北真希うさぎは赤くなった目をいじっておりますが、やはり式で泣いたからか、それともコンタクトレンズの調子が悪かっただけなのかは分かりません。

  • 堀北真希ちゃんも既にこの頃には芸能界入りしていたので、学校でもコンタクトレンズを使っていたと思われます。いや、スカウトされる前からコンタクトは使っていたかも?

HTML5 開発の作業で絵を描く時間が充分取れない状況です。

今後 HTML 開発完了の目処が立つまで絵の公開が滞る事もあります。

  • それ以前にちゃんと生きて完成させられるか分かりませんが…。

堀北真希うさぎと卒業式を終えた花菜ちゃん(水沢花菜) (平成29年 3月20日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『堀北真希うさぎと卒業式を終えた花菜ちゃん(水沢花菜)_(平成29年_3月20日)』の画像

堀北真希うさぎと卒業式を終えた花菜ちゃん(水沢花菜)です。

卒業の季節なのでこの絵を描きました。

ここ数日は HTML5 開発に時間を注ぎ込んでおり、絵を描く時間は殆どありません。

花菜ちゃんは私立小学校六年生と言う設定です。

花菜ちゃんも式では泣いたのか目が赤くなっていますが、本人はこれはコンタクトレンズのせいだと言い張っております。

もっとも、内部進学率が高いエスカレータ制の学校なので、殆ど"別れ"もなかったのは確かでしょう。


こちらは平成28年に作成した、花菜ちゃん(水沢花菜)の並行世界:エプロンドレスが制服の小学校での春です。

いわゆるカントリーガール風のワンピースにエプロンと言う制服の学校と言う設定にしております。

ワンピースの色は、オリジナル設定で橙を基調にした制服を着せている事からこちらも橙色にしております。


卒業関係の絵をもう一、二枚描けたら平成28年度を終了する予定です。

  • 描けなかった場合も三月一杯で年度終了とします。
  • 出来れば開花前の絵も描きたいのですが、今はそのような状況ではありません。

その後の作品は平成29年度の扱いとなり、堀北真希うさぎも十九歳に年齢を巻戻されます。

当然花菜ちゃんたちも当然サ○エさん方式で六年生に戻されます。

堀北真希ちゃんも既にアラサーなので、いい加減堀北真希うさぎは大学生と言う設定を変えても良いのですが、今年もかなり忙しい状況なので設定を変えるのが困難になっております。

三月半ばの堀北真希うさぎ(平成29年 3月17日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『三月半ばの堀北真希うさぎ(平成29年_3月17日)』の画像

さくらの季節が近い三月半ばの午後の郊外での堀北真希うさぎです。

よく東京都清瀬市や東久留米市等に出掛けるときには黒目川の緑道を通りますが、今回はそれをイメージして描きました。

  • 最近は HTML5 アプリケーション開発で忙しい事と寒い事から出掛けられない日が続いておりますが。

堀北真希うさぎの後ろでは菜の花が満開になっており、堀北真希うさぎの上にはまだつぼみがないさくらの枝が伸びております。


以下は平成28年11月に描いた、紅葉の下、コスモスの花が咲く秋の道を歩く堀北真希うさぎです。

  • 今回の二枚は、背景と堀北真希うさぎがいじっている目が左か右かだけ違っていて、それ以外は殆ど同じ絵のような気もしますが、一応描いたのは別々ですw

今回の絵は冬の終わりの絵なのに対し、こちらは冬の始まり前の絵となります。

また、こちらは夕方の堀北真希うさぎを描いております。

個人的には秋が一番好きな季節ですが、春も何かが始まりそうな季節で好きではあります。


  • それにしても、社会復帰もしないで何の得にもならないアプリ開発や落書きばかりやっていて良いのだろうか…。

    このままだと本当に野垂れ死にするんじゃないかとorz

朝の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年 3月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『朝の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹(平成29年_3月16日)』の画像

三月の朝の自宅での堀北真希うさぎうさ耳中学生姉妹です。

このところさいたまでは寒さが戻ってきたため、この絵を描きました。

お姉ちゃん・堀北真希うさぎは既に講義がないためこの日は家でゆっくりするつもりです。

一方妹はまだまだ授業があるため、これから学校に行くところです。

この日は寒いため、妹は制服の上に黒いコートを着込んでおります。

妹はコンタクトレンズの調子が悪いのか左目をいじりながら家を出るところです。


以下は何度も載せておりますが、寒い日の堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹つながりです。

平成28年クリスマス企画として作成した堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹の無音動画堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹のホワイトクリスマスです。

実際には平成28年度の冬のさいたまではこのような大雪になった日は全くありませんでした。

  • まぁ、稀に四月に雪が降る事もあるので油断は出来ませんが。

雨降る三月の堀北真希うさぎ(平成29年 3月14日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『雨降る三月の堀北真希うさぎ(平成29年_3月15日)』の画像

雨が降る三月半ばの午後の堀北真希うさぎです。

一昨日くらいから天気が悪くなって来たので、この題材で描きました。

  • このところ忙しいので、絵を描く時間が充分取れない状況が続いております。

三月と言う感じがしないので無理矢理開花前のさくらの枝を堀北真希うさぎの頭の上に描いております。

堀北真希うさぎは右手に傘を持ちつつ、お約束通り左手でコンタクトレンズで涙が乾く目をいじりながら歩いております。

堀北真希うさぎは傘をさす時傘の中でうさ耳が折れ曲がったりする事があるため、このように傘が役に立つのか分からなくなるような差し方になる事があります。

落書き堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 3月13日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『落書き堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)_(平成29年_3月13日)』の画像

三月の午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

相変わらず絵を描く時間が充分ではありません。

本拠地サイトへの更新も今月中に行うのは無理かも知れません。

  • 平成29年度は四月から始めますが、本拠地サイトについては平成28年度のままになる事も考えられます。

桃の花が咲き、さくらも二週間くらいすれば咲く時期をイメージしております。

紀子ちゃんはいつも通り下校中で、堀北真希うさぎは新入生歓迎のための準備で大学から帰ってきたところです。

堀北真希うさぎを紀子ちゃんの学校の先生にすれば、無理なく堀北真希うさぎと紀子ちゃんを同じ作品に収められるのですが、平成29年度もサ○エさん方式で堀北真希うさぎは十九歳に巻戻す予定です。

紀子ちゃんを大学生にすると言うのも考えられるのですが、紀子ちゃんのモデルのイメージに合わせて中学生にしているので、こちらも変えたくはありません。

  • 実際には高校入学直後の幼馴染をモデルにしておりますが。

こちらは、以前にも何度も載せておりますが、平成28年 3月に描いたさくらの開花が近い三月末の朝、家の玄関を出た紀子ちゃんです。

紀子ちゃんの家は履物工場を兼ねた大きな建物です。

  • 紀子ちゃんのモデルだった幼馴染の家がそう言う感じでした。

庭もかなり大きく、梅桃さくらの樹も植えられております。

紀子ちゃんは家の玄関を出て見上げたらさくらが咲き始めていたと言うものです。