二月末の午後の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年 2月24日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『二月末の午後の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)_(平成29年_2月24日)

風が強い冬の午後の堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

ちょっと前はさいたまも寒かったのですが、昨日辺りからまた風が吹かなければ暖かいと言う状況になっております。

今日も強い風が吹いたりもしましたが、風も吹いたり吹かなかったりしたので、吹いていない時は結構暖かく感じました。

この絵では堀北真希うさぎも史子ちゃんも目をいじっておりますが、お約束のコンタクトレンズでの目の乾きが原因のようで、強風で目にゴミが入ったのではないようです。


さて、こちらは平成29年 1月に作成した堀北真希うさぎと史子ちゃんの成人式企画動画成人式から帰宅途中の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)です。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは、毎年度年齢を十九歳に巻戻しております。

このため、毎年度成人式の堀北真希うさぎと史子ちゃんと言う企画を作っております。

  • この企画を作りたいと言うだけで、本来なら史子ちゃんは元ネタに合わせて栃木県在住とすべきなのを、栃木県出身でさいたま市在住と言う設定にしたくらいです。

基本的に、堀北真希うさぎについてはかつて堀北真希ちゃんが某社の写真年賀状の広告モデルを何年も演っていた関係から、赤い晴れ着を着せております。

  • その広告では毎年度必ず赤い晴れ着を着せているからです。
  • 勿論、他の広告では堀北真希ちゃんも赤でない晴れ着を着る事がありますが、堀北真希ちゃんにうさ耳をと思った切掛けが写真年賀状の販促物でしたので…。

一方、史子ちゃんの方は上が象牙色で下がピンクの晴れ着としておりますが、これは堀北真希うさぎと被らないようにするためです。