雨降る二月の午後の堀北真希うさぎ(平成29年 2月20日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『雨降る二月の午後の堀北真希うさぎ(平成29年_2月20日)』の画像

雨が降っている二月下旬の午後の堀北真希うさぎです。

今日は割と暖かかったので外出しましたが、午後帰宅したときには雲行きが怪しくなっておりました。

そして、帰宅してから一時間もしないうちに大雨になっておりました。

これまで平成29年 2月中で雨が降ったのは一日だけだったので、この絵を描きました。


二月と言えば雪のイメージがあるものですが、さいたまでは二月に雪が降る事は殆どありません。

それどころか、一年を通じて雪が降る日は片手で数えられるくらいでしょう。

  • 稀に四月に降雪する事もありますが…。

以下は、平成28年のクリスマス動画堀北真希うさぎとうさ耳中学生姉妹のホワイトクリスマスですが、クリスマス・イヴにもさいたまではこんな状況になる事はありません。

この動画では、堀北真希うさぎの実妹であるうさ耳女子中学生とのクリスマス・イヴを描いております。

うさ耳中学生は堀北真希うさぎより六歳歳下となっておりますが、堀北真希うさぎを設定する六年前に設定したキャラクタです。

そもそも、堀北真希うさぎの設定の動機は、うさ耳中学生にお姉ちゃんを設定したかったと言うものでした。

うさ耳中学生に具体的な名前を付けていなかったため、うさ耳の堀北真希ちゃんをお姉ちゃんにする事が出来ました。

ちなみに、平成28年度は妹もお姉ちゃん・堀北真希うさぎと同様コンタクトレンズを使っている設定にしました

ですが、もともとはお姉ちゃんをして「妹は勉強しないから目が悪くならない」と言わしめると言う設定でした。

手拍子で妹の目にレンズを描き込んでしまったため、このように設定を変えてしまいました。

  • そもそも、コンタクトレンズを目の中に描き込むかよ普通…?

さて、今日もまた意味のない落書きを描いて公開しました。

こんな事したって何の得にもならないのですけどねえ…。