二月の大学での堀北真希うさぎ(平成29年 2月17日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『二月の大学での堀北真希うさぎ(平成29年_2月17日)』の画像

暖かな二月の大学での堀北真希うさぎです。

このところさいたまでは冬の厚着だと暖かいどころか暑いくらいに気温が上がっております。

堀北真希うさぎは、集中講義の聴講で大学に来ております。

例によってうさ耳が目立ちすぎるため、堀北真希うさぎは後ろの方に座っております。

堀北真希うさぎは目は悪いのですがコンタクトレンズで視力矯正している事と、うさ耳で高い聴力がある事から、後ろに座っていても困る事はありません。

二月らしく、窓の外には一応梅の花を咲かせております。


こちらは昨年平成28年 2月に描いた、梅が咲き春も近付く二月、大学で講義を受講している堀北真希うさぎです。

以前にも書きましたが、この絵は平成28年のヴァレンタイン動画で使い損ねた堀北真希うさぎが壁ドンされる場面の背景などを描直して公開したものです。

平成29年のヴァレンタイン動画ではこの場面を転用して堀北真希うさぎを壁ドンしようかとも思ったのですが、制作時間を全く確保出来なかったため結局動画制作さえも断念しております。

  • まぁ、何年も続けてヴァレンタインデーに限ってコンタクトレンズを落とさせるのも流石にどうかと思いましたので。

    • ちなみに堀北真希うさぎにはヴァレンタインデー以外でコンタクトレンズを落とさせた事は今のところ一度もありません。ソフトレンズなのでそう簡単には落とさないでしょうし、堀北真希ちゃんがコンタクトを落としたと言う話も聞いた事はないですし。

それにしても、以前にも書いたのですが、グーグル日本語入力で堀北真希うさぎが一発で出て来るのには驚きました。

堀北真希ちゃんにうさ耳を着けると言う発想は充分あり得ると思うのですが、ナマモノイラストの描き手は非常に少ないので他者の作品は殆ど見た事がないのですが。