ヴァレンタインデーの堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年 2月14日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『ヴァレンタインデーの堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)_(平成29年_2月14日)』の画像

バレンタインデー当日の講義室での堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

一応、堀北真希うさぎと史子ちゃんが通う大学は女子大と言う事になっており、このためここではいわゆる"友チョコ"を渡すところとなっております。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは特別講義を受講に来ておりましたが、講義が終わった後でサークル仲間が来ることになっていて待っているところです。

相変わらず二人ともソフトコンタクトレンズで目が乾くのか目をいじっております。


平成29年は色々立て込んでいるため、ヴァレンタイン企画動画を作る事を断念しました。

ちなみに、昨年平成28年も堀北真希うさぎは女子大学の学生としておりましたが、ヴァレンタイン企画に限り男子学生の存在が不可欠だったため共学と言う設定にしております。

昨年平成28年のヴァレンタイン企画では、共学大学を舞台にしたものとしました。

この間も掲載しましたが、平成28年のバレンタイン企画動画堀北真希うさぎの平成28年ヴァレンタイン・翌日月曜の大学で…です。

堀北真希うさぎからヴァレンタインチョコが欲しかった主人公の視点で描いております。

今年と違って平成28年 2月14日は日曜日だったため、堀北真希うさぎに逢えずもらう事が出来なかったのですが、その翌日の月曜日に大学でもらえたと言うものです。

講義を終えて廊下に出たら、堀北真希うさぎがコンタクトレンズを落として途方に暮れていたので、探してあげたら堀北真希うさぎも主人公が好きだったと言う、かなりベタな内容です。

堀北真希うさぎも主人公に渡そうとしたと言うのを、拾ったコンタクトレンズがヴァレンタインチョコに化けると言う演出で表しております。


今回の講義室も真っ白で殺風景な階段教室になっております。

これは、堀北真希うさぎをメインにした仮想コマーシャル動画堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~を作って以来のものです。

この動画は堀北真希うさぎ以外にもさり気なく史子ちゃんも出しております。

  • この動画もリテイクしたいのですが、なかなか時間がありません…。

この動画は、に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『ソフトでも、ハードでも♪』を真似た仮想コマーシャル動画です

はメインとなるソフトコンタクトレンズ女子大生を演じております

この動画が放映された当時はソフトレンズ装着時に点眼できた目薬がなかった事から、特にソフトレンズを愛用している者に訴求するようにしていたと考えられます。

  • 昭和55年当時は、今と違って使い捨てレンズがまだ無かったためハードレンズの利用者の方が多く、ハードだと痛くて入れられない等の事情がある場合に限ってソフトレンズが選ばれた時代でした。