平成29年02月(1)

春が近い二月末の堀北真希うさぎ(平成29年 2月28日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • ラインに送る
『春が近い二月末の堀北真希うさぎ(平成29年_2月28日)』の画像

桃の花が咲き始めた二月末の午後の堀北真希うさぎです。

近所でも梅に続いて桃の花が咲いていたので、この絵を描きました。

  • 梅や桃以外にも、いろいろ花が咲き始めており、春も近くなっております。
  • それでも、急に寒さが戻ってきましたが。

堀北真希うさぎはお約束通りコンタクトレンズで涙が乾く目をいじっております。

  • そろそろ花粉の季節らしいですので、蛇足ながら書きますが堀北真希うさぎは花粉症とはしておりません。

個人的にちょっといろいろあって、落書き関係については更新が滞っております。

  • 今現在、『しらぎくフラ雀』『しらぎく花フラ』などを HTML5 に移植したい気持ちが一番強いので、その準備に時間を割いております。何時になったら完成するかは分かりませんが。

とは言え、平成29年 2月の記事公開実績を見たら一日平均一本以上の公開ペースになっております。

三月はひな祭りや卒業などテーマにし易いイヴェントが多いのですが、個人的な状況から更新は滞ると思います。

二月の週末の堀北真希うさぎと花菜ちゃん(水沢花菜) (平成29年 2月27日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • ラインに送る
『二月の週末の堀北真希うさぎと花菜ちゃん(水沢花菜)_(平成29年_2月27日)』の画像

二月の週末の堀北真希うさぎ花菜ちゃん(水沢花菜)です。

昨日中に出したかったのですが、ここ数日のアプリケーション開発作業で体調が崩れたので遅れてしまいました。

いつものように堀北真希うさぎは花菜ちゃんの家に家庭教師に来ていると言うものです。

この日の花菜ちゃんは授業がないため、私服を着ております。

花菜ちゃんはこの日は一日中家にいるものの、堀北真希うさぎに自室で逢うためコンタクトレンズをしております。

  • 花菜ちゃんのはワンデーレンズで長時間は着けられないので、堀北真希うさぎが帰ったら眼鏡に代えます。

花菜ちゃんは私立小学校の六年生で、上位中学校への内部進学が決まっているため気楽な状況になっております。

  • まぁ、サ○エさん方式で花菜ちゃんは来年度も六年生となり、堀北真希うさぎも十九歳に巻戻されるのですが。

今回の過去作品は、平成28年12月に描いたクリスマス前の十二月の午後、学校を出る花菜ちゃんです。

もともと花菜ちゃんはこの制服を着せるために作ったキャラクタでした。

初めは低学年のキャラクタとしていましたが、現在では六年生としております。

花菜ちゃんの学校はいわゆるミッション校なので、玄関にクリスマスツリーを飾っております。

  • 昨今では公立の小学校でもクリスマスツリーくらいは当たり前に飾っておりますが。

特にモデルがいないキャラクタなので、名前についても設定当初は付けておりませんでした。

  • 特に苗字は「水沢」と言う苗字を使いたかっただけと言うのが理由でした^^;

二月末の午後の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子) (平成29年 2月24日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • ラインに送る
『二月末の午後の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)_(平成29年_2月24日)

風が強い冬の午後の堀北真希うさぎ史子ちゃん(山下史子)です。

ちょっと前はさいたまも寒かったのですが、昨日辺りからまた風が吹かなければ暖かいと言う状況になっております。

今日も強い風が吹いたりもしましたが、風も吹いたり吹かなかったりしたので、吹いていない時は結構暖かく感じました。

この絵では堀北真希うさぎも史子ちゃんも目をいじっておりますが、お約束のコンタクトレンズでの目の乾きが原因のようで、強風で目にゴミが入ったのではないようです。

  • 堀北真希うさぎの場合は目だけではなく耳も風で揺さぶられるので非常に不快になるようです。
  • 堀北真希ちゃんはトーク番組などではやたらパチパチまばたきしたりしますが、目をいじったりはしないような…。

さて、こちらは平成29年 1月に作成した堀北真希うさぎと史子ちゃんの成人式企画動画成人式から帰宅途中の堀北真希うさぎと史子ちゃん(山下史子)です。

堀北真希うさぎと史子ちゃんは、毎年度年齢を十九歳に巻戻しております。

このため、毎年度成人式の堀北真希うさぎと史子ちゃんと言う企画を作っております。

  • この企画を作りたいと言うだけで、本来なら史子ちゃんは元ネタに合わせて栃木県在住とすべきなのを、栃木県出身でさいたま市在住と言う設定にしたくらいです。

基本的に、堀北真希うさぎについてはかつて堀北真希ちゃんが某社の写真年賀状の広告モデルを何年も演っていた関係から、赤い晴れ着を着せております。

  • その広告では毎年度必ず赤い晴れ着を着せているからです。
  • 勿論、他の広告では堀北真希ちゃんも赤でない晴れ着を着る事がありますが、堀北真希ちゃんにうさ耳をと思った切掛けが写真年賀状の販促物でしたので…。

一方、史子ちゃんの方は上が象牙色で下がピンクの晴れ着としておりますが、これは堀北真希うさぎと被らないようにするためです。

落書き二月の堀北真希うさぎ(平成29年 2月23日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • ラインに送る
『落書き二月の堀北真希うさぎ(平成29年_2月23日)』の画像

二月の午後の堀北真希うさぎです。

今日のさいたまは風が強く、朝は天気が悪かったのですが、日中は結構暖かかったものです。

こちらの方でも梅の花に加えて菜の花が咲いているところが増えてきております。

個人的には、さくらや梅よりも菜の花こそ春の到来を感じる花となっております。

堀北真希うさぎがコンタクトで乾く目をいじっているのはお約束ですねw


今日も一日中しらぎくフラ雀の調整を行っていたため、絵を描く気力はありませんでした。

  • それ以前に、今後野垂れ死にもある得る状況なので、絵を描こうと言う気にならないのが本音ですが…。

しらぎくフラ雀について HTML5 化を視野に入れてレイアウトの調整などをしておりました。

  • HTML5 にはフラッシュと違ってスプライト(ムーヴィクリップ)の概念がない事、
  • スプライトを HTML5 で実現しようとすると端末のメモリを喰い潰してしまう恐れがある事
  • スプライトを実現しないと頻繁な再描画が必要になり、非力な端末だと重くなってしまう事

から、可能な限り牌が重ならないようにするレイアウトになるように調整しております。

また、思考回路の移植元となっているしらぎくタイニィ麻雀には無かったゲームモードで思考回路が巧く機能していなかったので、その辺りの調整もしました。

  • そう言えば、『しらぎくフラ雀』のプレイ動画を何方かが作っていらっしゃったような…。

ねこ耳堀北真希ちゃん(平成29年 2月22日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • ラインに送る
『ねこ耳堀北真希ちゃん(平成29年_2月22日)』の画像

2月22日は猫の日ですので、ねこ耳の堀北真希ちゃんを今年も描いてみました。

個人的には堀北真希ちゃんはうさ耳が似合うと思っており、平成19年に堀北真希うさぎを創造して以来本拠地サイトの二代目看板娘としております。

ただ、中には堀北真希ちゃんにはねこ耳が似合うと思われる方もいるようで、偶にねこ耳の堀北真希ちゃんも描いております。

今回は、たいやき屋でたい焼きを買い喰いしている堀北真希ちゃんです。

日本では猫とお魚を関連付ける事が多いもので、私自身もこのようにねこ耳とたい焼きを絡めた絵を偶に描いております。

ですが、他の絵師の方が描いた絵では何故かそのような絵を見た事がありません。

この辺りは本気で謎だと思っております。


私自身がうさぎ属性のため、ねこ耳キャラクタには余り力を入れていないのですが、堀北真希ちゃん以外にも偶にねこ耳を着ける事があるキャラクタがあります。

特にねこ耳を付けて描く事が多いのが、美香ちゃん(鈴木美香)です。

特にねこ耳を着けて巫女をやると言う設定の絵はねこ巫女美香ちゃんとして描く機会が多くなっております。

以下は、ねこ美香ちゃんのイラストの一つ・平成28年 5月に描いた巫女として初めての仕事前に身支度をしているねこ巫女美香ちゃんです。

美香ちゃんは神社で巫女をしていると言う設定にしております。

そのため、ねこ巫女れいむと言うのを聞いたときにねこ巫女美香ちゃんとすればさらに語呂が良くなると思ってこの設定で描き始めました。

美香ちゃんは小学生の頃から父親の高校時代の友人である神主さんに巫女になってくれと頼まれていたのですが、当時は眼鏡を常用していたため断っていました。

  • 神主さんには息子はいるのですが娘がいなかったのです。

中学に入ってコンタクトレンズデビューを果たして、初めて巫女を引受ける事となりました。

この日はコンタクトデビュー間もない頃なので、神社に来るまでは眼鏡を掛けていたと言う設定になっております。

  • テーブルには眼鏡が左手に置かれており、右手にはこの時開いた使い捨てコンタクトの容器が置かれております。