少し暖かな冬の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成29年 1月27日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
『少し暖かな冬の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)_(平成29年_1月27日)』の画像

堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

今日は少し暖かかった事と、紀子ちゃんをこのところ描いていなかったのでこの絵にしました。

紀子ちゃんは堀北真希うさぎが通う大学の附属女子中学校の生徒と言う設定です。

また、紀子ちゃんと堀北真希うさぎは互いに向かいに住んでおります。

堀北真希うさぎの妹・うさ耳中学生が紀子ちゃんの小学校時代の同級生と言う事もあって、堀北真希うさぎと紀子ちゃんが関わる事が多くなっております。

  • まぁ現実には大学生と中学生との間には越えようがない大きな隔たりがあるものですがね…。

お約束で堀北真希うさぎと紀子ちゃんは目をいじっております。

  • 今回は二人とも目が赤いようですが…。

今回の過去絵は、昨年平成28年11月に描いた『お出掛け前の紀子ちゃん(神崎紀子)>』です。

紀子ちゃんは普段はコンタクトレンズを使用しておりますが、コンタクトレンズは目に負担となるためか自室では眼鏡を掛ける事が多くなっております。

この時は午後にお出掛けとなったため、眼鏡を外してコンタクトレンズを目に入れたあと、眼鏡はケースに仕舞っているところです。

  • ちなみにこの眼鏡は紀子ちゃんのモデルの幼馴染が小学校三年で眼鏡デビューしたときのもので、小学校五年の半ばで退役となったものです。

一方、堀北真希うさぎの方は、ヒト耳がないと言う設定のため、自宅でもコンタクトレンズを使用する事が多いと言う設定です。

以下は休日の夜、部屋で課題のレポートを書いていた堀北真希うさぎです。

平成28年11月に描いた堀北真希うさぎのイラストを動画化したものです。

自室でレポートを書いているときもコンタクトレンズを入れていたため、目が乾いて不快になったので目薬を点したところです。

  • 静止画をやっつけで動画化したので、ちょっと不自然な動作になっております。

一応、普通の人間用の眼鏡のフレームにゴムバンドを付ける事で眼鏡を掛ける事も可能ですが、ゴムバンドが後頭部を締付けたりするためか余り使わないようです。

尚、堀北真希うさぎにヒト耳がないと言う設定は平成29年度から削除する予定です。


ヴァレンタイン企画を考えているのですが、ただでさえ慌ただしい中で更に用事が入ってしまいました。

この調子だと、ヴァレンタイン企画は静止画さえ作れなくなるかも知れません。

本当にどうなってしまうんだ俺…(;ω;)