「ソフトでも、ハードでも」堀北真希うさぎの『マイティア CL』仮想 CM

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

■動画について

この動画は、昭和50年代半ば(西暦1980年前後)に新発売となった千寿製薬株式会社さん/武田薬品工業株式会社さんのコンタクトレンズ専用目薬マイティア CL の当時の初コマーシャルを、堀北真希うさぎを主役にして私なりに再現したものでした。



当時ソフトレンズ装着時に使えた目薬がなかった事と、「ソフトでも、ハードでも」の軽快な CM ソングもあって、そこそこ知られたようです。

オリジナルの動画を持っていないため(当時ヴィデオデッキがなく録画は不可能だった)、うろ覚えな記憶を頼りに作っております。

このため、実際の動画とは異なっている場面も多々ある筈です。

  • CM ソングだけは画像を差替えてユーテューブに公開されているのですが、映像は公開されていないようです。

但し、一部場面は、堀北真希うさぎを前面に出すために敢えて記憶と異なった描写としております。


□動画での堀北真希うさぎの役

本動画では、はソフトコンタクトレンズを愛用している女子大生として登場します。

  • キャラクタ設定でも堀北真希うさぎは架空の国立女子大学・さいたま女子大学教育学部初等教育課程に通う女子大生と言う設定になっております。
ソフトコンタクトレンズ女子大生を演じる堀北真希うさぎの場面

オリジナル通り、ソフトコンタクトレンズの装着で涙が乾く様子を演じております。

■急増したアクセスとその理由

本記事を旧アメブロ出張所に公開した頃、本拠地サイトとユーテューブに公開していた本動画へのアクセスが異常なペースで増加しました。

また、誰かが悪意を込めて晒しやがったかと思っていたのですが、今回は事情が違ったようです。

今回のアクセス増は、何でも武田薬品工業さんが平成27年夏に当時のキャッチコピーだった「ソフトでも、ハードでも」を復活させたそうで、そのためキャッチコピーで多くの方が検索されたらしいのです。

それにしても、今更このキャッチコピーを復活させたのは、恐らく三十五周年記念か何かでしょう。

今年辺りでマイティア CL は三十五周年くらいになっておりますし。

ただ、あのキャッチコピーはもはや過去のものとなったのではないかと思っておりました。



まぁ、千寿製薬さんや武田薬品さんがうちの動画を見た訳ではないとは思いますが、それでも自分が作った作品で表現した状況になって行ったのは面白いものです。

■ついでに作った動画

さて、過去に作った動画の再放送だけなのもなんですから、やっつけ仕事で『浴衣姿の堀北真希うさぎ』です。

静止画で済ますつもりでしたが、ついでなので"かんたん動画"にしてみました。

件の仮想コマーシャル動画の三番目のおまけに入れる事も考えて、マイティア CL も点眼させております。

  • 実際には、穴埋め動画として、中学時代の堀北真希うさぎの動画を組込みました。

本当は前回公開したウェディングドレスの堀北真希うさぎでやろうかと思ったのですが、そうすると「結婚式の最中」と言う状況(新郎が隣にいる)を連想してしまったので、やめました。

  • まぁ、牧師さんの合図で新婦が点眼すると言うのはアリだったかもですが。