落書き堀北真希うさぎ(平成27年 2月11日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

明日も分からぬ中モティヴェーションがどん底にある状況で、あと数日に迫るヴァレンタイン動画の制作にも追われております。

そんな枯渇したやる気の中で描いた『学校の教壇に立つ堀北真希うさぎ』です。
『学校の教壇に立つ堀北真希うさぎ』の画像

堀北真希うさぎは平成19年以来、うさ耳の女子大生キャラクタとして出しておりましたが、モデルで俺の嫁でもある堀北真希ちゃんも既に二十六歳となっており、そろそろ設定を変えた方が良いと思うようになりました。

取敢えず小学校の教師と言う設定辺りに変えようかとも思っておりますが、そうしたらそうしたで、実妹としているうさ耳中学生(もとはうさ耳中学生の実姉として堀北真希うさぎを設定していた)との年齢が離れ過ぎてしまうので、従妹と言う設定に変える事も考えております。

加えて、小学校の教師となってしまったら、花菜ちゃん未悠ちゃんなどの家庭教師をすると言う訳にも行かないので、小学校ではなく塾の講師にするかも知れません。


ヴァレンタイン動画についてはもしかしたら 2月14日には間に合わないかも知れません。


萌え絵っぽい眼の描き方で堀北真希うさぎを描いたのを公開しようかと思ったのですが、萌えないゴミの上に堀北真希ちゃんぽさが損なわれてしまったので公開を思い留まりました。

やはり、三次元アイドルを慣れない二次元キャラクタの描き方を真似て描くのは良くないみたいです。