掲載記事

四月半ばのオープンカフェでの堀北真希うさぎとあやちゃん(小嶋文子) (平成30年 4月21日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「四月半ばのオープンカフェでの堀北真希うさぎとあやちゃん(小嶋文子) (平成30年 4月21日)」の画像

今回は、四月半ばのオープンカフェでの堀北真希うさぎあやちゃん(小嶋文子)のイラストです。

堀北真希うさぎとあやちゃんは、サークル会場前のオープンカフェで他のサークルメンバを待ち合わせております。

あやちゃんは紅茶を飲んでおり、堀北真希うさぎは「なっちゃん!」を飲んでおります。

堀北真希ちゃんは高校時代に「なっちゃん!」のコマーシャルに出演しており、このため堀北真希うさぎが「なっちゃん!」を飲む場面をよく描いております。

  • 年齢は毎年サ◯エさん方式で十九歳に巻戻しているため、やはり堀北真希ちゃんが成年後にコマーシャルに出ていた「ほろよい」は十月以降にならないと飲めません。

四月半ばのため、外にはつつじや花水木の花が満開になっております。


あやちゃんと今回登場していませんが史子ちゃん(山下史子)は堀北真希うさぎと同じテニスサークルに属していると言う設定です。

もともと堀北真希うさぎを平成19年11月に設定したときは、堀北真希ちゃんが高校時代に"鉄娘"を演じていた事から鉄道研究部の紅一点と言う設定にしておりました。

ですが、堀北真希ちゃんにオタクっぽさは全く感じられなかったので、翌平成20年にはこの設定を破棄し、以後はあやちゃんたちと同じテニスサークルに属していると言う設定にしております。

尚、あやちゃんと史子ちゃんは元ネタがそうだった事からいわゆる"隠れオタク"で、同人活動なども堀北真希うさぎたちに知られぬようこっそりやっております。

  • ちなみに、堀北真希うさぎの向かいに住む紀子ちゃん(神崎紀子)もあやちゃん・史子ちゃんたちのサークルに関与しており、堀北真希うさぎ一人だけが何も知らずに取残された格好となっております。

こちらは、堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~です。

そろそろこの動画も一から作り直したいのですが、作り直す時間がまったくないまま時間が過ぎております。

に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『講義室でのコンタクトレンズ女子大生たち~ソフトでも、ハードでも♪~』を真似た仮想コマーシャル動画です。

オリジナル動画はネットでは共有されておらず、何故か CM ソングだけ映像を差替えられてユーテューブで共有されております。

このため、制作者のあやふやなうろ覚えでこの動画を作っております。

  • CM ソングについては音楽著作権の問題があるため合成しておりません。

当時はまだ使い捨てソフトレンズが開発されておらず、このためハードレンズの愛用者の方が多い時代でした。

それでも、当時ソフトレンズ装着時に点眼できた目薬がなかったためソフトレンズ愛用者に訴求するような内容になっております。

堀北真希うさぎ, あやちゃんと史子ちゃんはいずれもソフトコンタクトレンズを常用しており、このため三人をソフトレンズ女子大生として登場させております。

特には動画でメインとなる女子大生を演じております

上根綾香(徒然チルドレン) 74・第十六話『コンタクト』前の放課後の上根綾香(平成30年 4月21日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、第十六話『コンタクト』以前の放課後の上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 74・第十六話『コンタクト』前の放課後の上根綾香(平成30年 4月21日)』の画像

上根綾香ちゃんは第十六話『コンタクト』で故意にコンタクトレンズを落としてまでして初めて剛田に告白しましたが、そのエピソードでは上根綾香ちゃんはかなり隣席の剛田を意識しておりました。

でも、そのエピソードより前の時期、二年になった直後は上根綾香ちゃんも剛田を全く意識していなかったと思われます。

  • 一年生のとき上根綾香ちゃんと剛田が同級生だったかそれとも別のクラスだったかは分かりません。ただ、二年になって剛田に告白した事を考えると一年のときは上根綾香ちゃんは剛田とは別のクラスか少なくとも席が離れていたと思われます。

この日は、剛田もヴァレーボール部の活動がなかったのか、或いは偶々上根綾香ちゃんの茶道部と終わるのがほぼ同時だったのか、同じ時刻に下校となりました。

二年生になった直後から、上根綾香ちゃんは近視で黒板が見えないときに剛田にノートを見せてもらっていたと思われますが、まだ剛田を全く意識してはいないようです。

このため、下校する剛田に対し上根綾香ちゃんはごく普通に別れの挨拶をしております。

勿論、この時点では上根綾香ちゃんにとって剛田は同級生の一人に過ぎなかったため、剛田と一緒ではなく綾香ちゃん一人で下校します。

でも、授業中に剛田にノートを見せてもらううちに次第に剛田を意識するようになって、告白出来ずに剛田を避けるようになり、遂に第十六話『コンタクト』で剛田に告白するに至るのでしょう。


先輩・矢澤にこを怒らせてしまった小泉花陽(ラブライブ!) 4(平成30年 4月19日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、『ラブライブ!』のキャラクタ・小泉花陽(こいずみはなよ)ちゃんと矢澤にこちゃんです。

「先輩・矢澤にこを怒らせてしまった小泉花陽(ラブライブ!) 4(平成30年 4月19日)」の画像

小泉花陽ちゃんは音ノ木坂学院の一年生で、一方矢澤にこちゃんは三年生です。

つまり、"にこにー"は"かよちん"の先輩と言う事になります。

ところが、小泉花陽ちゃんは矢澤にこちゃんに何をしたのかは分かりませんが、"にこにー"は相当怒っているようで休み時間に教室に押し掛けてきました。

勿論、小泉花陽ちゃんは"にこにー"が血相を変えて押し掛けた事で、「拙い」と気付いているようです。

"かよちん"はこれからどんなお仕置きを受けるのでしょうか。

それともどうやってこの危機から脱出するのでしょうか。


矢澤にこちゃんのピンクのカーディガンは通常ボタンを閉じているようですが、イラストでは個人的な好みで前を開いております。

矢澤にこちゃんの場合、赤い瞳の表現に苦慮しました。

小泉花陽ちゃんの目は深い紫色なので、色遣いに余り苦労しないのですが。

大雨の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成30年 4月18日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「大雨の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成30年 4月18日)」の画像

今回は大雨の中の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)のイラストです。

この絵を描いた平成30年 4月18日、さいたまでは朝から大雨だったためこの題材で描きました。

大学から帰る堀北真希うさぎと、附属中学校から帰る紀子ちゃんです。

大雨の中なので、当然二人とも雨傘をさしております。

背景のビルの前には、満開の花水木の樹が並んでおります。

お約束ですが、ビルには言うまでもなく JA 共済(平成19年に堀北真希ちゃんを広告ポスターに起用)とボシュロム・ジャパン(平成23年に堀北真希ちゃんをコンタクトレンズ洗浄液のコマーシャルに起用)の看板を掲げております。

今回は堀北真希うさぎにも紀子ちゃんにもコンタクトを入れた目をいじらせておりませんが、堀北真希うさぎの目の中のレンズが大きく下にずれているので、堀北真希うさぎは紀子ちゃんに逢う前に目をいじっていたと思われます。

上根綾香(徒然チルドレン) 73・朝の大雨が已んだ放課後の上根綾香(平成30年 4月18日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、雨上がりの放課後の上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 73・朝の大雨が已んだ放課後の上根綾香(平成30年 4月18日)』の画像

この絵を描いた平成30年 4月18日、さいたまでは朝は大雨でしたが夕方には青空が拡がっておりました。

本作も、一応『徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』(平成25年 6月発表)の前、すなわち上根綾香ちゃんが剛田に惹かれる前の日常を描いております。

  • 原作では上根綾香ちゃんと剛田のお話が終わってしまいましたが、今後はこれを機に『コンタクト』より前の上根綾香ちゃんの日常を描いてみたいと思っております。

剛田に惹かれる前の上根綾香ちゃんですので、当然茶道部の部活を終えたら誰も待たずにすぐ家に帰る事になります。

朝は大雨だったので当然上根綾香ちゃんは傘を持っていったのですが、雨が已んでしまえば朝必要だった傘もお荷物になってしまいます。

ですが、上根綾香ちゃんにとっては、雨の中帰るよりは晴れた方が嬉しいようです。

蛇足ですが、普通は雨が已んだら閉じた傘を下に下げて歩きますが、上根綾香ちゃんが朝傘を持って行った事を示すため、イラストでは敢えて上根綾香ちゃんには傘を上にあげさせております。

本当は花水木など季節感のあるものを描き足したかったのですが、結局校舎を後にする上根綾香ちゃん…と言う感じにしております。


今回もお約束通りコンタクトを入れた目をいじって…ではなく左目をいじった直後にしております。

まぁ、好きな男子がまだいない状況なので眼鏡にしてもいいのではと言う気もするかも知れませんが、上根綾香ちゃんのように普段からコンタクトレンズを使っている女の子は眼鏡を嫌がるものです。

実際、若林稔弥さんは『コンタクト』以来五年間で一度も上根綾香ちゃんに眼鏡を掛けさせた事がありません。閲覧者からはリクエストが有ったのですが。

  • 例えば上根綾香ちゃんが使い捨てソフトレンズを切らしてしまい仕方なく眼鏡を掛けてきたと言う設定があっても良かったとは思います。
  • ちなみに、制作者の大学生時代に出逢った女の子で、初対面の前日に片方のソフトレンズが手入れ中に破れてしまった(当時は使い捨てレンズがなかった)ため、片目にだけレンズを入れていた娘がいました。その娘は余程眼鏡が嫌だったのでしょう。

四月半ばに花菜ちゃん(水沢花菜)の家庭教師をしている堀北真希うさぎ(平成30年 4月17日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「四月半ばに花菜ちゃん(水沢花菜)の家庭教師をしている堀北真希うさぎ(平成30年 4月17日)」の画像

今回は堀北真希うさぎ花菜ちゃん(水沢花菜)のイラストです。

平成30年 4月17日のピクシヴのお題が「先生」だったため、家庭教師をしている堀北真希うさぎを描きました。

正直、堀北真希ちゃんは既に三十代に近いので、本当なら本物の小学校の教諭にしても良いくらいでしょう。

ですが、平成19年11月に堀北真希うさぎを初設定して以来サ◯エさん方式で毎年度年齢を巻戻しているため、堀北真希うさぎは平成30年度もまた大学二年生と言う設定になっております。

  • いきなり堀北真希うさぎを学校の先生にしてしまうと、他のキャラクタとの整合性が損なわれてしまい一から設定を全部見直さなければならなくなります。

この日は平日で、花菜ちゃんは学校が終わるのが遅かったのか着替える間もなく制服のままで堀北真希うさぎの指導を受けております。

花菜ちゃんはコンタクトを入れた目が痛いのか受講中しきりに目をいじっておりますが、これも堀北真希うさぎの前だったら眼鏡に換えても良かったでしょうがそんな時間もなかったようです。

  • そもそも、花菜ちゃんもコンタクトデビューしたばかりですから。

勿論、窓の外は花水木の花が満開になっております。

上根綾香(徒然チルドレン) 72・授業中、目が悪くて困っている上根綾香(平成30年 4月17日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、久々に授業中の上根綾香ちゃんを描きました。

原作では上根綾香ちゃんと剛田のお話が終わってしまいましたが、だからこそいろいろ描けるようになった気がします。

『上根綾香(徒然チルドレン) 72・授業中、目が悪くて困っている上根綾香(平成30年 4月17日)』の画像

原作では上根綾香ちゃんと剛田のお話が終わってしまいましたが、だからこそいろいろ描けるようになった気がします。

本作は、上根綾香ちゃんが初めて剛田に告白した『徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』(平成25年 6月発表)の前の状況を想定して描いたものです。

『コンタクト』に拠れば、上根綾香ちゃんが隣の席の剛田に惹かれた理由として、目が悪くて黒板が見えずに困っているといつもノートを見せてくれたと言うのがありました。

上根綾香ちゃんは教室でヴァレーボール部員の剛田の隣に座っているのですから、教室ではかなり後ろの方に座っていると思われます。

作中では、英語の授業で板書が見えなくて困っている上根綾香ちゃんに、剛田がノートを右から差出しております。


とは言え、第十六話『コンタクト』には辻褄が合わない面があります。

上根綾香ちゃんは普段コンタクトレンズを使っているのに、高校の教室で板書が見えないと言う事は考えられません

  • 本作でも上根綾香ちゃんはコンタクトレンズを装着しておりますが、正しく検診を受けて処方を受けているのであれば板書が見えないと言う事は考えられません。

使い捨てレンズを切らしたとしても、それだったら眼鏡を掛けて学校に来れば良いだけの話です。

また、剛田も上根綾香ちゃんが目が悪いと知っているのに、普段コンタクトレンズを使っている事は知らなかったのも不自然です。

上根綾香ちゃんが普段コンタクトレンズを使っている事を知っていれば、彼女が黒板が見えなくて困るとは思わず、ノートを見せたりはしないでしょう。

また、上根綾香ちゃんが眼鏡を掛けている場面は『コンタクト』公開後五年間で一場面もありません

上根綾香ちゃんは近視と知っているなら、同時に上根綾香ちゃんは普段コンタクトレンズを使っているから眼鏡を掛ける事がないとそれとなく分かる筈です。


もっとも、『徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』は上根綾香ちゃんが剛田に告白する事が主題なので、原作者・若林稔弥さんもその辺りは余り考えていなかったのかも知れません。


四月半ばの朝の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成30年 4月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「四月半ばの朝の堀北真希うさぎと千裕ちゃん(佐藤千裕) (平成30年 4月16日)」の画像

今回は花水木やつつじの花が咲く四月半ばの朝の堀北真希うさぎ千裕ちゃん(佐藤千裕)のイラストです。

さいたまではさくら, 八重桜に続いて花水木やつつじの季節になったので、この絵を描きました。

千裕ちゃんは三月には進学する中学校の制服を着ておりましたが、サ◯エさん方式で学年が巻戻されたため、四月からまたさいたま女子大学附属女子小学校の制服を着ております。

堀北真希うさぎは千裕ちゃんが五年生の頃から家庭教師をしており、当然この絵の時点でも互いに面識があります。

ちなみに、五年生の頃の千裕ちゃんは眼鏡を掛けており今春にコンタクトデビューしました。

まだ使い捨てレンズが慣れないのか千裕ちゃんは装着して不快感があるようです。


千裕ちゃんには特にモデルはありません。

思い付きで作った、ポニーテールの女子小学生です。

堀北真希うさぎと絡ませるため、堀北真希うさぎが家庭教師をしていると言う設定と、堀北真希うさぎが通う国立女子大学の附属小学校の児童と言う設定を付けております。

上根綾香(徒然チルドレン) 71・つつじが咲く四月半ばの朝の上根綾香(平成30年 4月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、つつじの花が咲く四月半ばの朝の上根綾香ちゃんを描きました。

『上根綾香(徒然チルドレン) 71・つつじが咲く四月半ばの朝の上根綾香(平成30年 4月16日)』の画像

原作では既に彼氏・剛田との話が終わってしまいましたが、だからこそ(しがらみ)なく描けるようになったとも考えられます。

ですから、この絵は『コンタクト』より前の上根綾香ちゃん、すなわちまだ剛田に好意を持っていない時期の上根綾香ちゃんかも知れません。

それでも、髪は『コンタクト』やその続篇である第二十六話『遠くから君を見てる』に合せて、紺青色のセミロングを右前に黄色いヘアバンドで束ねたものとしております。

上根綾香ちゃんはつつじの花が咲くビルの前で同級生(恐らく女子)を待合わせているようです。

まだ朝なのですが、お約束でコンタクトレンズを入れた目をいじらせております。

  • と言っても、ここ数作は目をいじらせていませんでしたが。

蛇足ですが、『徒然チルドレン』の原作について一部閲覧者から「(上根綾香ちゃんはコンタクトより)眼鏡にすればもう最高なのに」と言う意見もありました。

ですが、若林稔弥さんは上根綾香ちゃんをデビューさせて以来五年間、結局一度も上根綾香ちゃんに眼鏡を掛けさせる事はありませんでした。

ひょっとしたら、若林稔弥さんは上根綾香ちゃんが普段目が悪くてコンタクトレンズを使っていると言う設定を忘れていたもとい棄てていたのかも知れません。

剛田が眼鏡を掛けろと言えば上根綾香ちゃんも従ったかも知れませんが、彼はそうは言わなかったのでしょう。

と言いますか、オタクでもない限り女の子に無理に眼鏡を掛けさせようとはしないでしょうからねえ。剛田はどう見てもオタクには見えませんし。


西洋風のカントリーガール(平成30年 4月13日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「西洋風のカントリーガール(平成30年 4月13日)」の画像

今回は趣向を変えて、西洋風のカントリーガールを描きました。

平成30年 4月13日のピクシヴのお題が「エプロン」だったため、この題材を撰びました。

エプロンと言えば、料理, ウェイトレス, メイド等が考えられますが、他にも西洋のカントリーガールもワンピースの上にエプロンを着ております。

  • 今、実際にこう言う服装の女の子がいるかどうかは分かりませんが、ステレオタイプなカントリーガール像としては三つ編みや手提げのバスケットなどがあります。

今回は春らしく、菜の花畑を前にしたカントリーガールを描いてみました。

背景には満開のさくらの樹も添えております。

尚、いつもでしたらこの手の女の子は金髪にするのですが、今回は髪を赤毛っぽくしております。


こちらは、平成 2年に放映されたテレヴィコマーシャルでの映像での西洋風カントリーガール(とカントリーボーイズ)です。

今は亡きイトマングループ(現・日鉄住金物産)のコマーシャルで、恐らく米国の田舎で男児二人と女児一人がトロッコで遊んでいるものです。

女の子は赤いワンピースに白いエプロン、そして金髪を三つ編みにしております。

それにしても、米国にもじゃんけんがあるみたいですねえ…。