掲載記事

曇り空の六月の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成30年 6月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「曇り空の六月の午後の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子) (平成30年 6月16日)」の画像

今回は六月の午後の堀北真希うさぎ紀子ちゃん(神崎紀子)です。

六月に入って梅雨になって以来不安定な天気が続いているのでこの絵を描きました。

  • と言っても、今回は紫陽花の花も入れられませんでしたが。

この絵を描いたのは土曜日でしたが、紀子ちゃんは美術部での活動があったのが学校に来ておりました。

  • 紀子ちゃんは脇にスケッチブックを抱えております。

堀北真希うさぎは、個人的な用事で大学に行く途中附属中学校前を通っております。

  • さいたま女子大学と附属中学校は至近にあるため、堀北真希うさぎと紀子ちゃんが逢う場合が多くなります。

    • 実在の埼玉大学教育学部附属中学校は埼玉大学とは遠く離れておりますが。

紀子ちゃんはコンタクトの調子が悪いのか目が乾くのか目をいじりながら学校から出てきました。

  • 紀子ちゃんのモデルの幼馴染も高校入学後にコンタクトデビューしてからまばたきが頻繁になったりついつい目を弄ったりしていました。

    「お前、そんなにコンタクトレンズが辛いなら眼鏡に戻したら?」と言っても「やだ! もう眼鏡なんて掛けたくないの!」って言って眼鏡に戻したりは決してしませんでしたが。好きな人が出来た訳でもなかったのに。

    • まぁ、その娘は小学校の頃からコンタクトにしたいと言っていましたからね。

上根綾香(徒然チルドレン) 99・茶道部のお茶会で、お客にお茶の前の和菓子を出している上根綾香(平成30年 6月16日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、茶道部のお茶会でお客にお茶の前のお菓子を出している上根綾香ちゃんを描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 99・茶道部のお茶会で、お客にお茶の前の和菓子を出している上根綾香(平成30年 6月16日)」の画像

平成30年 6月16日は「和菓子の日」だった事から、急遽この題材で描きました。

  • ちなみに、同日のピクシヴのお題は「レインコート」でした。

またこの日は土曜日だった事から、上根綾香ちゃんが所属する高校の茶道部が主催するお茶会と言う設定にしております。

恐らく、他校の茶道部の女の子たちが集まっているのでしょう、楽しそうな感じがします。

尚、茶道のお茶会と言えば和装が正統ですが、学校の部活なので上根綾香ちゃんも含めて参加する生徒は全員制服を着ているものとしております。

  • 平成29年の文化祭では上根綾香ちゃんも浴衣のような和装で茶道をやりました。

今回は上根綾香ちゃんと剛田の繋がりがない場面を描いたため、壁を殴る事なく描き切れました。

それでも、秋の文化祭では和装の上根綾香ちゃんが剛田にお茶を出すのでしょうねえ(壁を殴りながら)。

で、剛田は慣れない長時間の正座で足を痺れさせるのでしょうねえ(喜)

  • 蛇足ですが、上根綾香ちゃんが普段コンタクトなのは、茶道部の活動と関係があるのでしょうか。若い女の子の和装に眼鏡は合いませんから。

    私が高校時代に同期だった茶道部長の女の子はかなり目が悪かったのですが、買ってもらったハードコンタクトレンズ(当時はまだ使い捨てソフトレンズがなかった)は目に合わないと言っていました。

    そのため、授業中以外は頑なに眼鏡を掛けずにいました。


今回も上根綾香ちゃんの目を大きく描きすぎてしまいました。

制作者が描く女の子の目がかなり大きいのはいつもの事ですが、今回は胸まで入るよう全体を小さめに描いているため上根綾香ちゃんの目の大きさが際立っています。


ゼミ室での堀北真希うさぎと皆藤愛子ぐま(くま耳大学院生) (平成30年 6月15日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「ゼミ室での堀北真希うさぎと皆藤愛子ぐま(くま耳大学院生) (平成30年 6月15日)」の画像

今回はゼミ室での堀北真希うさぎと先輩・皆藤愛子ぐま(くま耳大学院生)です。

平成30年 6月15日のピクシヴのお題が「先輩」だったため、あれこれ悩んだ結果この題材にしました。

皆藤愛子ぐまはティーチングアシスタントとして堀北真希うさぎのゼミを指導しております。

この日のゼミは堀北真希うさぎにとって難しかったのか、書いてみてと言われて困っているようです。

  • 今回は特に六月と言う感じにはしておりません。

皆藤愛子ぐまはしばらく描いていませんでしたが、ピクシヴのお題を見て久々に描きました。

今後描かないつもりでもなかった、と言うより描きたかったのですが、なかなか描く機会がなく時間だけが過ぎておりました。

堀北真希うさぎとの「うさちゃんくまちゃん」は、今後も描けたら描きたいと思います。

  • 蛇足ですが、堀北真希ちゃんと皆藤愛子ちゃんが番組などで一緒になった事はなかったですかねえ…。

ちなみに、堀北真希ちゃんの先輩と言えば沢尻エリカですが、個人的にどうも好きになれませんので…。

上根綾香(徒然チルドレン) 98・放課後、図書室で部活を終えた剛田からのメールを読む上根綾香(平成30年 6月15日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、放課後に図書室で勉強しながら剛田が部活を終えるのを待っている上根綾香ちゃんを描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 98・放課後、図書室で部活を終えた剛田からのメールを読む上根綾香(平成30年 6月15日)」の画像

上根綾香ちゃんは第十六話『コンタクト』で故意にコンタクトを落としてまで剛田への告白を決行し、その後第二十六話『遠くから君を見てる』で剛田に彼女と認められて以来、毎日剛田と一緒に下校しております

前回も書きましたが、剛田はヴァレーボール部に所属しており、毎日遅くまで部活をしております。

一方、上根綾香ちゃんは茶道部なので毎日部活がある訳ではなく、またあっても遅くまでやる事はありません。

このため、いつも上根綾香ちゃんは剛田が部活を終えるまで学校に居残っております。

とは言え、上根綾香ちゃんは学校に残っていても何もする事はないため、いつも図書室で勉強しております。

イラストでは、上根綾香ちゃんがいつものように図書室で勉強中、部活を終えた剛田からのメールをスマートフォンで読んでいるところです。

このあと、上根綾香ちゃんは勉強を切上げて剛田が待つ体育館前に向かう事となります。


上根綾香ちゃんがスマートフォンを見ている時に目をいじっているのは、普段コンタクトレンズを使っていて目が乾く事に依るお約束の表現です。


蛍が光る夏の夜、浴衣に身を包んだ小泉花陽ちゃん(ラブライブ!) 5(平成30年 6月13日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに作成した『ラブライブ!』のキャラクタ・小泉花陽(はなよ)ちゃんの動くイラスト(簡易アニメ)です。

今回は、平成30年 6月13日のピクシヴのお題「ホタル」に因んで、蛍が光る夏の夜の"かよちん"を描きました。

理由は分かりませんが、このお題を見て急に小泉花陽ちゃんを描きたくなりました。

小泉花陽ちゃんは、緑の蛍の光の中で立ち止まっております。

夏の夜の女の子と言う事で、作中の小泉花陽ちゃんには浴衣を着せ団扇で扇がせております。

浴衣の色遣いは、音ノ木坂学院の制服のブレザーの色をメインに、一年生の蝶ネクタイの色の模様を入れております。

また、小泉花陽ちゃんらしく?団扇はおにぎりの絵を入れた秋葉原農協(勿論架空です)の広告入りとしました。

  • 創作イラストで使っている JA をもじった JV をロゴにした素材を使っているため、JA秋葉原ではなく JV秋葉原になっております。

今回は余力があったため、静止画に留めず動くイラストにして小泉花陽ちゃんには団扇を扇がせ、まばたきもさせております。


天気が悪い六月の朝の堀北真希うさぎ(平成30年 6月12日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「天気が悪い六月の朝の堀北真希うさぎ(平成30年 6月12日)」の画像

今回は天気が悪い六月の朝の堀北真希うさぎです。

梅雨に入ってからさいたまでも雨が降ったり降らなかったりとしているため、今回この絵を描きました。

堀北真希うさぎは、朝いつものように大学に出る前に身支度としてコンタクトレンズを装着 しておりました。

堀北真希うさぎがレンズを装着してから窓の外を見ると、雨が降るのか降らないのかわからないような空模様だったようです。

窓の外には紫陽花の花が沢山咲いているので、堀北真希うさぎは恐らく一階の部屋でレンズを入れていたものと思われます。

  • この絵を描いている途中で、妹・うさ耳中学生もこの部屋に入れれば良かったかなと思ったのですが、描き直しに時間がかかり過ぎるため断念しました。

最近の堀北真希ちゃんは髪型が大分変わったみたいですが、大学生時代の堀北真希ちゃんをモデルにしているため当時の髪型にしております。

  • まぁ、堀北真希ちゃんは既にアラサーで母親になりましたからね。

上根綾香(徒然チルドレン) 97・放課後、いつもとは逆に茶道部室を出たところを剛田に迎えられた上根綾香(平成30年 6月12日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんです。

今回は、二作ぶりに上根綾香ちゃんを教室で綾香ちゃんの隣の席に座る彼氏・剛田と絡めて描きました。

「上根綾香(徒然チルドレン) 97・放課後、いつもとは逆に茶道部室を出たところを剛田に迎えられた上根綾香(平成30年 6月12日)」の画像

平成30年 6月12日のピクシヴのお題は「恋人」だったため、『徒然チルドレン』の版権絵をやっている者としては描かない訳には行かないと思って作成しました。


ご承知の通り、上根綾香ちゃんは茶道部、彼氏・剛田はヴァレーボール部に所属しております。

体育系の部活は毎日遅くまで行われる一方、上根綾香ちゃんの方は毎日部活がある訳ではなく、あっても遅くまではやりません。

このため、いつもは上根綾香ちゃんが体育館前に部活を終えた剛田を迎えに行きます

  • ヴァレーボール部は体育館内で活動するので雨が降っていても関係なく部活動が行われます。

ですが、この日は珍しく剛田の部活が終わるのが早かったらしく、いつもとは逆に剛田が茶道部室前まで上根綾香ちゃんを迎えに来ました。

タイミングとしては、剛田が部室前に来た時に上根綾香ちゃんが部活を終えて出てきたところと言う感じにしております。

恐らくスマートフォンのメールで部活が早く終わる事を上根綾香ちゃんに知らせたうえで、上根綾香ちゃんは部活が終わる時刻をやはりメールで知らせたのでしょう。

そのような訳で、この日は上根綾香ちゃんはいつもよりずっと早く剛田と一緒に下校出来る事となります。

でも、茶道部室の窓の外を見るとどんより曇っており、折角早く帰れても天気は悪かったりします。


今回は彼氏・剛田を絡めて上根綾香ちゃんを描いたので、二作ぶりに壁を殴り続けながらこの絵を描きました。


雨降る六月の講義室での堀北真希うさぎとあやちゃん(小嶋文子) (平成30年 6月11日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「堀北真希うさぎと衣替えで夏服になった紀子ちゃん(神崎紀子) (平成30年 6月 6日)」の画像

今回は雨降る六月の大学での堀北真希うさぎあやちゃん(小嶋文子)です。

堀北真希うさぎとあやちゃんは同じテニスサークルに属しており、このため当然面識があります。

堀北真希うさぎは教育学部初等教育課程国語専攻、あやちゃんは同中等教育課程数学専攻となっておりますが、まだ二年生なので一般教養などで同じ講義を取る事があります。

  • 実際にはサザエさん方式で堀北真希うさぎやあやちゃんを含めた全キャラクタの年次と年齢を毎年度巻戻しております。

今回は少人数講義のため、ゼミ室で講義を受けるところです。

二人とも予定より早く着いたためゼミ室で他の学生と教授が来るのを待っております。

  • 六月の作品と言う割には、六月らしさが見えませんねえ…。とは言え、紫陽花ばかり描いていてもと言う気もしたので今回は敢えて描きませんでした。

あやちゃんはテニスサークルに属していると言う設定ですが、実は隠れ同人と言う設定もあります。

あやちゃんのモデルである大学時代の知人にそのような気があったため、この設定を導入しております。

  • この設定は、今回描いていませんが史子ちゃん(山下史子)にも与えております。

    史子ちゃんのモデルは隠れ同人である事を私自身が知っていたため、同様の設定にしております。

堀北真希うさぎは、あやちゃんがそう言う活動をしている事は当然知りません。


今回も堀北真希うさぎとあやちゃんが登場する仮想コマーシャル動画・堀北真希うさぎでマイティア CL ~ソフトでも、ハードでも♪~です。


この動画もそろそろリテイクしたいのですが、時間がないため放置状態になっております。

に放映されたマイティア CL の新発売コマーシャル『講義室でのコンタクトレンズ女子大生たち~ソフトでも、ハードでも♪~』を真似た仮想コマーシャル動画です。

  • 但し、CM ソングについては音楽著作権の問題があるため合成せず無声動画としております。

原作動画を幾ら探しても見つからず、私のあやふやな記憶を基に再現しているため原作とは違う点も多々あると思われます。

原作コマーシャルが放映された昭和55年(西暦1980年)当時はソフトコンタクトレンズに対応している目薬が本品以外になかったため、コマーシャルは特にソフトレンズ愛用者に訴求するように作られたようです。

  • メインとなる女子大生が長く目を閉じるなどソフトレンズならではの目の乾きを演じていました。

とは言え、当時は使い捨てソフトレンズが開発されておらず、このためハードレンズの利用者のほうが寧ろ多かった時代だったため、ソフトでも、ハードでも♪と言う CM ソングとキャッチコピーでハードレンズ愛用者にも向けておりました。

はメインとなるソフトコンタクトレンズレンズ女子大生を演じております

またあやちゃんも同様にソフトコンタクトレンズを愛用している受講生として登場しております。

上根綾香(徒然チルドレン) 96・雨降る梅雨の朝の上根綾香と高野千鶴(平成30年 6月11日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

全然似ていませんが、トゥィッター及びピクシヴ向けに描いた、作『徒然チルドレン第十六話『コンタクト』及び第二十六話『遠くから君を見てる』ヒロイン・上根綾香ちゃんと二年四組の同級生・"ちーちゃん"こと高野千鶴ちゃんです。

今回は、梅雨で雨が降っている六月の朝に通学している上根綾香ちゃんと高野千鶴ちゃんをアニメーテッド GIF に依る簡易アニメで作りました。

平成30年 6月11日のピクシヴのお題が「傘」だったため、この題材で制作しました。

一場面しか無いため正直なところ静止画でも充分な内容ですが、以前から上根綾香ちゃんと"ちーちゃん"の簡易動画を作りたいと思っていたため、この機にアニメーテッド GIF で作成したものです。

上根綾香ちゃんの彼氏・剛田はヴァレーボール部の朝練習があるため、朝は一緒に通学出来ません。

このため、一人で通学するか同級生の女の子と一緒に通学する事となります。

この日は、同級生の"ちーちゃん"と一緒に通学しております。

作品は、信号待ちで立ち止まっている上根綾香ちゃんと高野千鶴ちゃんです。

梅雨らしく(と言うより六月の作品のお約束っぽいですが)、背後には青い紫陽花の花を咲かせております。

  • 意外に六月を象徴するものって少ないのですよね…。

信号待ちなので、街らしい背景にした方が良かったとも思いますが、梅雨らしさを出したかったのでこのようにしました。


上根綾香ちゃんは教室では剛田と隣の席に座っており、従って教室では後ろの方に座っている筈でクラスの女子の中ではかなり背が高いと思われます。

このため、"ちーちゃん"より背が高いと思われるためこのような配置にしました。


また、動画では上根綾香ちゃんと"ちーちゃん"のまばたきの頻度が著しく異なっております。

これは、第十六話『コンタクト』でコンタクトレンズを常用している事が描かれている上根綾香ちゃんとそのような設定がない高野千鶴ちゃんの違いから来ております。

勿論、上根綾香ちゃんにはコンタクトで涙が乾く目をいじらせております。


今回も彼氏・剛田を絡めずに上根綾香ちゃんを描いたので、二作連続で壁を殴らずに描けました。

ちなみに、高野千鶴ちゃんは第六話『雨』で結ばれていますね。


東の堀北真希うさぎと、隣のわたし・六月篇(平成30年 6月 9日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • パウーで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る
「東の堀北真希うさぎと、隣のわたし・六月篇(平成30年 6月 9日)」の画像

今回は堀北真希うさぎのスピンオフ企画『東の堀北真希うさぎと、隣のわたし』を描きました。

この題名は、言うまでもなく東京都東久留米市のご当所漫画として知られる『東のくるめと、隣のめぐる』へのオマージュです。

梅雨の日の紫陽花が咲き乱れる落合川を舞台にした絵を描きたいと思っていた為描いた高校生の堀北真希うさぎです。

ただ、背景に使った写真は快晴だった時に撮ったものなので、いろいろ手を尽くしましたがどうしても雨天と言う感じにはなりませんでした。

  • このため、前回同様背景は撮った写真をトレースして作ろうかとも思いましたが、結局断念しました。

    • 自分で撮った写真なので、トレースして作品に使っても何の問題もありません。

もともと、『東の堀北真希うさぎと、隣のわたし』は堀北真希ちゃんの聖地巡礼のため東京都清瀬市に出掛けていたのがきっかけとなりました。

清瀬市は面積が小さく、このため少し移動すると隣の東久留米市に入ります。

で、東久留米市に迷い込んだ時落合川周辺の自然の豊かさに惹かれました。

その後、同市内でご当所漫画『東のくるめと、隣のめぐる』が商品券に使われている事を知りその漫画の事も知りました。